藤岡幸夫公認ファンサイトトップへ



2011年9月分


過去の一覧へ

←つづき(過去) つづき(先)→

2011/09/29


まだ9月だというのに毎年この時期に年末の第9の初リハーサルが始まる。


日曜は香川の第9とのリハーサルだった。ここは小学生から中学生、高校生も多く幅広い年齢層が魅力。加えて本番前には日本全国から第9愛好家の皆さんが集まり大合唱団となる。 皆さんがどこまで苦手な箇所を克服できるかで大きく変わります。どこまで進化するか楽しみ。


リハーサル前にご馳走になった讃岐うどんが最高に美味しかった。高松でうどんを食べちゃうと他では食べられなくなる。


昨日は兵庫県の和田山のジュピターホール(素晴らしい音響の素敵なホールです!)で合唱団と初顔合わせ。ホールの周りは緑が美しく、大好きなキンモクセイの香りでいっぱいだった。

そして合唱団はなんと290人。予想以上の人数にびっくり。音程も悪くないので練習すればするほど素晴らしくなるの間違いなし。こちらもすごく楽しみにしてます!


明日から名古屋でリハーサルで日曜日は名古屋フィルと愛知合唱連盟の皆さんとコンサートです。
名古屋ではひつまぶしが楽しみ…!


   藤岡 幸夫


2011/09/28


昨日、一昨日は仕事部屋にこもって来週の関西フィル定期で取り上げるマーラーの4番のスコアに浸ってた。
息抜きにすぐ近所の温泉に行ってリフレッシュ。


今日から大阪に帰って、夜は和田山の合唱団と初顔合わせ。


週末は名古屋フィルと愛知合唱連盟の大合唱団とのコンサートで楽しみ。


来週は関西フィルと定期の後、奈良、鳥取、野洲公演と続きます。


それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!


PS ライオンズ10連勝…!!


   藤岡 幸夫



2011/09/25


昨日は僕の母校の慶応中等部器楽部出身の仲間が中心となったユニコーンオーケストラのコンサート。

年齢層も18歳から49歳までと幅広くファーストヴァイオリン16型の大編成。僕たちはみんな家族みたいでみんなからたくさんの元気をもらってきた。

彼らとの時間は僕にとって原点に帰るとても大切な時間なのです。

来年はさらなる高みを目指しましょう。すごく楽しかった!みんなありがとう!



さてさて今日はこれから高松で第9フェスティバルの合唱団のリハーサル。
リハーサル前にいつもご馳走になる讃岐うんどんが最高で今から楽しみ。

それではまた!



コンサート後は大宴会。夜中12時半過ぎてもまだ残って飲んでたみんなと。


   藤岡 幸夫


2011/09/22


昨日は名古屋で合唱団とリハーサルのはずだったけど台風でキャンセルになってしまい残念。 次回のリハーサルで頑張りましょう。


今週は久しぶりにちょっとゆっくりできてるのでマーラーの4番のスコアに浸ってる。


明日は中学の同窓生(といっても10代から40代までで16型120人いる。僕が最年長)のオーケストラのリハーサルで土曜日が本番。みんな家族みたいで、たまにこういう音楽する時間があるのも癒されていいと思ってる。

今年はブラームスの1番他。けっこう楽しみにしてる。興味あるかたは是非ともいらしてください。


それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!



今日の空は台風一過で久しぶりに抜けるような青空。午前中はしばらく見惚れてました。


   藤岡 幸夫


2011/09/19


昨日は毎年恒例の高島でのコンサート、たくさんのお客様ありがとうました。 いつもお客様が温かい雰囲気で楽しく、こちらも癒されます。


ホールの熱心なスタッフの皆さん、それからしがぎん経済文化センターをはじめとした主催者の方々に心から感謝です。
関西フィルの皆さんもお疲れ様でした。


今日は東京で同窓生の仲間達と1時から9時までリハーサル。さすがにきつかった…。



昨日手伝ってくれた吹奏楽部のみんなと。


   藤岡 幸夫


※9/18 高島公演の event reportはこちら
2011/09/17


明日は関西フィルと毎年恒例の高島でチャイコフスキーの5番。高島の皆さんとの再会を楽しみにしてる。

チャイコフスキーの5番はこの12年間、何度も関西フィルと取り上げてきたので、オーケストラは僕のやりたいことを理解してくれてるから本当にありがたい。明日は関西フィル&藤岡ならではのチャイ5を楽しんでいただきます。


それではまた明日。


PS 昨日は名古屋で合唱のリハーサル。女性合唱も混声合唱も男性合唱も前回よりずいぶん良くなってきた。あとはオーケストラ伴奏なので、皆さんがどこまでダイナミックレンジを上げてスケールアップできるかだ。次回のリハーサルを楽しみにしてます。


   藤岡 幸夫





チャイコフスキー交響曲第5番の話 その1 2008/7/3 付 from sachioはこちら
チャイコフスキー交響曲第5番の話 その2 2010/6/25 付 from sachioはこちら

2011/09/16


昨日は奈良100年会館に10月のコンサートのプロモーションに行ってきた。当日はエルガーの威風堂々を何の楽器でもいいから共演するのでその練習。子供を中心に予想よりたくさんのかた達か集まってリコーダーやフルート、鍵盤ハーモニカやカスタネット、それに歌声で練習。楽しかった〜。
本番楽しみにしてます。


その後引き続き100年会館がプロデュースしてる若手歌手さん達のオペラ団体「万葉オペラ・ラボ」にアドヴァイスを頼まれて、先日取り上げたカルメンを見せていただいた。
よくトレーニングされた期待以上のアンサンブル。今度関西フィルと何か企画できたらと思ってる。


今日はこれから名古屋で愛知合唱連盟のコンサートのリハーサル。


明後日は関西フィルと毎年恒例の高島公演。高島までの車窓からの景色が美しく今から楽しみにしてる。

それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!



子供だけでなく大人も参加。楽しい企画でした。



少年少女合唱団のみんなと。(写真をクリックで拡大)


   藤岡 幸夫



2011/09/15


   「マーラー交響曲第4番」の話・・・その1


今週から毎朝マーラーの4番のスコアに浸ってる(来月の関西フィルの定期で取り上げる)。


今さら言うまでもないがマーラーは頭脳明晰(頭が良すぎて他人を信用しない典型的なタイプ)で一筋縄ではいかない。


この4番は編成もコンパクトで形式も分かりやすく、何より美しい…のは表面的な話でもの凄い皮肉が込められた怖い曲なのだ。
僕はマーラーの交響曲の中で最も内容が恐い曲だと思ってる。


大体僕は周りの人たちにによれば「オメデタイ人間で鈍感。皮肉を言われても全く気がつかないタイプ」(でなきゃ棒振りなんてやってらんない)。
だから人格変えてスコア読んでるけど、ゾッとします…。でも毎朝が楽しみ。

続きはまた…。


   藤岡 幸夫


2011/09/14


昨日、今日と関西フィルとお馴染みのいずみホールでコンサート。いずみホールはシューボックス型の美しい中型ホールでここでオーケストラを聴くのはすごく贅沢。

昨日は咲くやこの花高校の鑑賞会。少しでも多くの生徒さんがクラシックに興味を持ってくれたらと願います。

今日は毎年恒例の障害のある方々向けの夢チャリティーコンサート。毎回とても温かい雰囲気でこちらの方も癒される。
第1回から指揮してるがもう9回め。継続は力なりだ。また来年、皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます。また毎回熱心ないずみホールをはじめ各団体のスタッフの方々にも感謝です。関西フィルも昨日も今日もよく鳴ってた。
皆さんありがとうございました。


ずっと忙しかったけどやっとちょっとだけ一息。

日曜は高島でチャイコフスキーの5番です。


それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!


PS 今朝はいつものホテルのレストランでカレーが登場。前からリクエストしてたのですごく嬉しい!これから大阪では毎朝カレーです。


   藤岡 幸夫




2011/09/12


「カルミナ・ブラーナの思い出」の話


一昨日と昨日は僕の古巣の日本フィルと日本フィル協会合唱団との横浜定期と東京特別演奏会。
本当にたくさんのお客様ありがとうございました!

そして合唱団の皆さん素晴らしかったです!この難しい歌詞を完璧に暗譜!してたのも見事。この難曲をのびのびと歌い上げてくださいました。指揮してて気持ちいいなんて感じるのは滅多にないけれど、昨日は本当に気持ち良かったです!


それからテノールの高橋淳さんは強烈にいっちゃってたし、バリトンの萩原潤さんの歌声は力強く、ソプラノの安井陽子さんの美しい歌声…。シンフォニーヒルズ少年少女合唱団もすごく可愛いし上手だった。日本フィルもすごく集中力のある燃焼度の高い素敵な演奏でした。


前半でピアノソロを弾いた仙台コンクール優勝のホロデンコ君もタッチが繊細で美しくこれからが楽しみ。

リハーサルから本番終わるまで本当に楽しかったです。皆さんありがとうございました!



実は日本フィルと日本フィル協会合唱団とカルミナをやるのは2度め。


95年に日本フィルの定期演奏会で日本デビューして、これがすごく上手くいって日本フィルの指揮者に決まった。このデビューコンサートの次のコンサートが翌年の指揮者就任コンサートでメインがカルミナ・ブラーナだった。


ところがこの時の僕は大失敗でみんなにボロっかすに言われた。「フジオカのは軽いなブラーナだ!」なんて言われもした。


以後僕にとってカルミナ・ブラーナはトラウマとなり、二度と振らないと決心した。自分の中で「こんな品のない作品は僕には合わない」と決めつけた。


あのコンサート以来、カルミナの仕事の話が3回ほどきたが全てお断りした。実際は断ったのではなく逃げた。


2年前の日本フィル協会合唱団とのヴェルディのレクイエムの演奏会の後の2次会で、酔った勢いでスタッフの皆さんにその話をしたら、日本フィルの平井専務理事や大失敗したときに歌ってた団員さん達が絶対にリベンジするべきと今回のチャンスを作ってくださった。

というわけで、今回はデビュー以来二度目のカルミナ・ブラーナだったけど皆さんのおかげでこの曲が大好きになりました。本当にありがとうございました。


よく考えたら昨日は昼公演だったから、24時間内でカルミナの本番を2回指揮したわけでちょっとヘロヘロですが、今日は大阪に移動してすぐ関西フィルとリハーサル。明日は学生さん向けのコンサートで、明後日は毎年恒例のいずみホールでの夢チャリティーコンサート。
そして18日(日曜)はこちらも毎年恒例の高島でチャイコフスキーの5番です。

それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!



高校から大学卒業するまでの僕のピアノ先生だった勝郁子先生が久しぶりにコンサートに来てくださいました。当時僕は芸大の堀江孝子先生の弟子だったが、僕があまりにやんちゃだったので勝先生が僕を鍛えてくださった。僕は勝先生にとっても問題児だったらしいが(レッスンをよくサボろうとした)、レッスンの後にお寿司やさんに連れていってくださったりして、すごく可愛がってくださったのが懐かしい。
お会いできて嬉しかったです!



大失敗したときにも歌ってた団員さんたち。今回はすごく上手くいってお酒も美味しかったです。皆さんのおかげでリベンジできました。



合唱団指導の浅井先生。素晴らしい合唱指導をするだけでなくバリトン歌手として美声の持ち主。カルミナでは合唱中のソロも歌ってくださいました。


   藤岡 幸夫


※9/10、11 日本フィル演奏会の event reportはこちら
2011/09/09


昨日今日と古巣の日本フィルと日本フィル協会合唱団とのリハーサル。


カルミナすごくいい感じで来てます。
ソリストの皆さんの濃厚なキャラクターも楽しみ。


前半のリストのピアノ協奏曲2番を弾くホロデンコ君もタッチが美しくロマン溢れる。


明日の横浜定期と明後日の東京特別演奏会がすごく楽しみです!


それでは皆さんコンサートでお会いしましょう。



合唱団の指導の浅井先生(向かって右)と山口先生。個性的な素晴らしい指導をする強力コンビです。


   藤岡 幸夫


2011/09/07


今日は空が綺麗で気持ちよい1日でしたね。

明日からカルミナのリハーサルです…!



今日の夕陽は優しかったです。






PS 台風の被害心が痛みます。和歌山県の田辺は合唱で有名な街で、関西フィルとは毎年年末に2回(田辺と大阪)田辺の合唱団と第九で共演してます。
熊野も秋に行こうかと考えていたのでとてもショックです。

そしてもちろん忘れてはならないのは東北のかた達ですよね。テレビの報道を見る度に本当に心が痛みます。

関西フィルは毎回募金を行ってますし、日本フィルも支援活動を行ってます。

東北も、和歌山をはじめ台風で被害を受けた地域も、一刻も早い復興を心からお祈りします


   藤岡 幸夫


2011/09/06


梅田芸術劇場のお昼のコンサート、平日にも関わらずたくさんのお客様ありがとうございました。

この毎年恒例の梅田芸術劇場での平日昼間のコンサートは今回が9回め。ホールの音響は素敵だし、馬蹄形のホールの温かい雰囲気は独特で毎回楽しみにしてる。

春野寿美礼さんは音域をいっぱいに使うだけでなく、声色の使い分けも見事。五木田さんのピアノもお洒落感覚抜群で楽しかったです。関西フィルもよく鳴ってた。ホールの熱心なスタッフの方々にも感謝です。
皆さんありがとうございました!


今日のコンサートで新しい関西フィルファンが生まれたらと願います。


さてさて明日からカルミナ・ブラーナの世界に戻ります。


それではまた。



春野さんと。さすがに舞台では先日のイメージとは全く違って、男役トップスターだったのも納得。
向かって右は阪急梅田芸術劇場の小川社長。実は僕の先輩でもあって可愛がっていただいてます。


   藤岡 幸夫


※9/6 UMEDA演奏会の event reportはこちら
2011/09/05


土曜、日曜は去年立ち上げた僕が通ってた中学校の同窓生を中心とした(それでもファーストヴァイオリン16型の100人を越える大編成)ユニコーンオーケストラのリハーサル。


普段は懐かしい中等部の建物でリハーサルをするが、可愛い後輩達(と言っても20〜50歳と幅広い)とリハーサルしてると、指揮者になりたくて必死だった30年前を思い出していい刺激になるし、すごく楽しくて癒される。

この2日間で、リハーサル後にみんなとちょっと飲み過ぎたけどいいリフレッシュになった。

さてさて今日から大阪で明日6日は関西フィルと毎年恒例の梅田芸術劇場での昼間のコンサート。


そして10日(土曜)、11日(日曜)は日本フィルと日本フィル協会合唱団とカルミナ・ブラーナ他です。

それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!



   藤岡 幸夫


2011/09/03


昨日は日本フィル協会合唱団とのカルミナのリハーサル。

前回のリハーサルがすごく良かったので昨日はちょっと中弛み。音程など良くなったところがある一方で、前回の方が良かったと感じるところも結構あってちょっと残念だった。


フレーズの始まりと最後をいかに磨きあげられるかが大切。あと暗譜で歌うので(たいしたもんです!)難しい箇所で他力本願的にならないように、あと1週間頑張りましょう!
僕も気合い入れ直します。

かなり高いレヴェルまできてるのであともう一息。
本番すごく楽しみにしています。


   藤岡 幸夫


2011/09/02


昨日は毎年恒例の梅田芸術劇場の平日の昼間のコンサート(9月6日)の打ち合わせ。


作曲家の五木田岳彦さんのスタジオで春野寿美礼さんとの合わせはとても楽しかった。
春野さんは噂通り歌唱力抜群で、ヴィブラートのコントロールが素晴らしい(ノンヴィブラートを完璧に使える)。昨日は宝塚の男役の大スターだった面影無しの可憐な雰囲気。
五木田さんのアレンジもすごくお洒落。


毎年このコンサートはクラシック(今回はプロコフィエフのロメオとジュリエット)とポップな音楽とミックスしたプログラム。
新しい関西フィルファンをつかむチャンスでもあるので楽しみです。


さてさて今日は日本フィル協会合唱団とカルミナ(9月10、11日)のリハーサル。
前回すでに素晴らしい出来だったのでさらにどこまで磨きがかかってるか楽しみです。


それでは皆さんコンサートでお会いしましょう!



打ち合わせというより春野寿美礼ショーを楽しませてもらいました。



五木田さんと春野さんと。



梅田芸術劇場の早川さん。彼とは長い付き合いでこれまでたくさんのコンサートをプロデュースしてもらって来た(トランペットも吹くのでセンス抜群)。これからもよろしくお願いします。


   藤岡 幸夫


2011/09/01


ついに9月になっちゃいましたね…。

昨日息抜きに散歩してたら、どこからか大好きなキンモクセイの香りがしてきてさすがにショック。いくらなんでも早すぎる。


部屋に戻ったらベランダのハイビスカスに「まだ夏は続くよ」と慰められた気がした…。





   藤岡 幸夫



←つづき(過去) つづき(先)→

過去一覧へ