藤岡幸夫オフィシャルファンサイトトップへ


(藤岡幸夫ブログ)




藤岡幸夫@Instagramをフォロー



From Sachio 「お話し集」と「過去の一覧」はこちら





再び本当に申し訳ありません!
BSテレ東への局名変更に伴い番組HPのいいね!も新たに0から凄い勢いで付けて頂きましたが12月12日から地上波HPと統合されなんと再び0からスタート。再度どうかよろしくお願いいたします!
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/enterthemusic/

6月(東京)
誰でも気軽に参加できる、藤岡さんとのパーティー
参加募集!!


2019/5/22


5月25日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックのゲストは関西フィル首席トロンボーン奏者の風早宏隆さん!


素晴らしいパフォーマンスと楽しいトークをお届け!

詳細は番組ホームページで。


東京シティフィルと題名のない音楽会の収録がありました。


東京オペラシティでリハーサル。この日は隣で東京フィルのリハーサルもあり兄貴分の大友直人さんに遭遇。シティフィルのコンサートマスター戸澤哲夫さんと珍しいスリーショット。




リハーサルの帰りにブリティッシュ・パブでビールを飲んでたら次々に一緒にリハーサルしたプレイヤーさん達も現れて即席宴会。楽しかったです。


題名のない音楽会の収録はオペラシティ大ホール。シティフィルの定期演奏会の本拠地でもあります。


石丸幹二さん&松尾由美子さん。世界中で大人気の新しいイタリアン三大テナーのイル・ヴォーロの皆さんと。ドミンゴが絶賛しただけあって素晴らしかった。
人柄もみんなチャーミング!


テノールの城宏憲さんとソプラノ高橋維さん素晴らしかった!純烈の皆さんとはリハ無しぶっつけ本番。こちらも楽しかったです。


そして4月から首席客演指揮者に就任した東京シティフィルの皆さんが明るく生命力溢れ7月26日の定期と8月6日のミューザ川崎のサマーフェスタが今からとっても楽しみです。どちらも渾身のプログラム!


さてさて6月8日(土曜)は関西フィルと美しいびわ湖ホールで、放送5年目にして初のエンター・ザ・ミュージックコンサート!
番組でお馴染み繁田美貴アナウンサーを司会にゲストは錦織健さん!錦織さんはロッシーニのアリアではギターの弾き語りから、大ヒット映画のクイーンまで多彩!
関西フィルもタンホイザー、威風堂々~宇宙戦艦ヤマト、ルパン三世、アナ雪メドレーに風とともに去りぬ他、普通じゃあり得ない家族で楽しめるプログラム!!
温泉もあるので県外の方も旅行がてら是非!
関西フィル06 6577 1381





音楽祭情報誌Confetti(カンフェティ)が7月26日の東京シティフィル定期首席指揮者就任披露演奏会を記事にしてくださいました。

こちら


こんな感じです。



シベリウスの雄大な大洋の女神
チャイコフスキー国際コンクール優勝の神尾真由子さんの圧倒的な品格の高さと灼熱のパッションが楽しみなピアソラの四季!
メインはエネルギーみなぎりゴージャスにして強烈!ウォルトンの交響曲1番!
TEL: 03-5624-4002



先日グリュミオー国際ヴァイオリンコンクールで優勝した内尾文香さん!高校生時代から共演してきてるけど大人っぽくなった。これからが楽しみ。


それでは皆さんコンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


<管理人より>
藤岡さんの5月10日のSNS投稿です。


ふらっと箱根へ。昔の僕だったら助手席で「新緑がキレイだわ…」と笑顔の彼女に「恋をしてるキミは美しいね…お世辞なんかじゃないぜべいべー」と救いようもない自信過剰のアホになれてたのにそれが今ではあーた、ひとりで龍宮殿!龍宮だってのにあーた、ホステスさんもいません!鳥の声が美しかった…










5月28日
関西フィルのメンバーが5月28日マグノリアホールでコンサート!とっても素敵なプログラムなのでお時間ある方は是非!
マグノリアホール 14:00開演
曲目
シューベルト 弦楽三重奏 (断章)
ミヨー 三重奏のためのソナチネ
シューマン ピアノ四重奏曲
逸翁美術館 072-751-3865



6月4日 20年近くのお付き合いになる大阪アカデミー合唱団とは今年はモーツァルトのレクィエム!前半はモーツァルトの交響曲40番(クラリネット無しの原典版)という王道プログラムです! 



6月8日関西フィルハーモニー管弦楽団 びわ湖ホール特別演奏会
美しい関西が誇るびわ湖ホールで特別コンサート!今までにない掟破りのコンサート!タンホイザー、威風堂々、アナ雪、ルパン三世、宇宙戦艦ヤマト他、テノールの錦織健さんはクラシックの名曲から今映画で話題のクイーンまで!超ゴージャスです。びわ湖に面した美しい絶景のホール!
観光がてら是非!



6月9日
奈良では話題のピアニスト酒井有彩さんとショパンに運命!指定席なんと1500円!観光がてら是非!


6月22日6月22日渡邉曉雄生誕100周年記念演奏会
渡邉暁雄先生の最初の最後の内弟子として日本フィルのこの大切なコンサートを振らせて頂けるのは本当に嬉しい。ご家族の渡邉康雄さん規久雄さん、寺田悦子さんとの共演が楽しみ。メインは、闘病中の先生が定期で振ることを熱望して選んだシベリウスの5番。シベリウスが病気を克服した時に作曲された交響曲で結局先生は振ることができず天国に逝かれてしまいました。僕の最も愛する交響曲でもあります。
シベリウス5番を僕が熱く語った放送↓
https://youtu.be/ltkM7ZucM6U



6月29日
昨年、冨田勲の世界で共演したオーケストラトリプティークと再会。邦人作品のCDを次々とリリースして話題の若いオーケストラ。今回はオール伊福部昭でとっても楽しみです‼️



7月26日
東京シティフィルの首席客演指揮者就任披露の定期演奏会。シベリウスの雄大な傑作の大洋の女神に、チャイコフスキー国際コンクール優勝の日本のトップヴァイオリニストの神尾真由子さんの希望でピアソラの四季。ヴィヴァルディを意識した傑作で、 神尾さんの品格高くもパッション溢れた情熱的なパフォーマンスが楽しみ。
メインはウォルトンの傑作、交響曲1番。
ダイナミックで圧倒的な音楽。スターウォーズ他、映画音楽はこの交響曲から結構パクってます。今から楽しみ!必聴!
東京シティフィル03 5624 4002

東京シティフィル 03 5624 4002


8月6日
8月6日はシティフィルとミューザ川崎のサマーフェスタに出演。大好きなシベリウスの「レンミンカイネンの帰郷」にスターチェリストのソッリマとドヴォルザーク!
メインはスケールの大きな傑作!芥川也寸志の交響曲1番! シティフィル&藤岡らしさ全開のプログラム!必聴!



8月10日
8月10日は関西フィルと毎年恒例のミートザクラシック!素晴らしい国際コンクール歴のマリンバ奏者の大森香奈さんを迎えてセジョルネの協奏曲。これとっても素敵な作品です!メインは幸せ溢れるブラームスの交響曲2番!



7月1日日テレ主催の読売日本交響楽団とのコンサート宣伝動画なのに、プロデューサーがエンターザミュージックファンで
BSテレ東のエンターザミュージックや、関西フィルや東京シティフィルに加えカルテットのThe 4 Players Tokyo 他女性関係の話までしてます。これはあり得ない動画インタビュー!日テレの懐の深さなのか?!

Part 1 https://youtu.be/t-miH3FZjRo

Part 2 https://youtu.be/JAAEagpEoPA

Part 3 https://youtu.be/qPycii_MUlQ


<管理人より>

こちらの記事もご覧ください。3月24日クラシックニュース「関西フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・藤岡幸夫、大いに語る」




ツィッターやインスタグラムではブログとまた違う写真や文章をお楽しみ頂けます。

藤岡幸夫Twitterはこちら

藤岡幸夫Instagramはこちら


エンターザミュージックをYoutubeでご覧いただけます。

●2019年4月13日放送
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
Youtubeリンク先はこちら


●日経電子版のビジュアル音楽堂のコーナーが素敵な記事を載せてくださいました。こちら



●こちらも日経電子版とはまた違った視点でとっても素敵な記事ですのでどうぞ御覧ください。こちら



パナソニックのオーディオ名門ブランド Technics が音楽番組エンターザミュージックの為にCMを制作してくださいました。本当に有難いことです。関係者の皆様に深謝!
それにしてもこのシステム本当に音が良くコストパフォーマンス抜群!
Bluetoothを使う方にもオススメ!



YouTubeへのリンクはこちら

幸夫の「お気に入り集」、「お話し集」、「動画集」随時更新しております。

幸夫のお気に入り 幸夫のお話し集 幸夫のビデオ集

2019/5/14


5月18日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックのゲストはスターン国際コンクール優勝のヴァイオリニスト木嶋真優さん!


木嶋さんはヴァイオリンを持つと豹変!悪魔が宿り狂気を感じるほど…!凄いです。トークとのギャップをお楽しみに!

番組ホームページ


5月11日は大阪阪急インターナショナルホテルで、毎年恒例のファンの皆さまとのパーティー。
とっても楽しかったです!
ありがとうございました。


ゲストはエンターザミュージックでも出演した新進気鋭の作曲家の林そよかさん!


毎年恒例でファンの皆さんが暖かく感謝の気持ちでいっぱいになります!


林さんの弦楽オーケストラ作品を一昨年関西フィルと初演したがとっても素敵だった。来年はジャズピアニストの小川理子さんにピアノ協奏曲を書いて2月に関西フィルと初演します。



この19年間素晴らしいバイタリティーでこの後援会を支えてきて下さってる藤井文明・春美ご夫妻。演奏会の出席率も9割5分以上!
会員の方々に機関誌を発行し続けてくださるなど、本当に心より感謝しております!
おかげさまで今回も素敵な会となりました!ありがとうございました。

東京でのパーティーは銀座で6月16日(日曜)で、ゲストはチャイコフスキー国際コンクール優勝のトップヴァイオリニストの神尾真由子さんです!何方でも気軽に参加できます。
詳細はこちら


<管理人より>
5月5日藤岡さんのSNS投稿より





GWの都内のホテルのプール…昔のボクだったら「ワタシなら誰のものにもならないわよ…」と濡れた髪をふきながら笑う水着姿の彼女に「めまいがしそうだぜ、べいべー」と相変わらず簡単にアホになれてたのに…それが今ではあーた、同級生とオヤジ二人で過ぎ去った青春に乾杯!…全然美しくないですわ。






5月16日(木)は朝日新聞関西版夕刊で連載エッセイの第2回です!
4月の第1回↓



それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2019/5/11


5月11日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは人気シリーズ有村昆さんとの映画音楽第18弾!特撮映画特集です!


関西フィルとは伊福部昭と大島ミチルさんのゴジラのテーマにサンダーバード!


昨年放送したオーケストラ・トリプティークとの冨田勲の世界から幻の映画ノストラダムスの大予言やキャプテンウルトラをお届けいたします!

詳細は番組ホームページ



5月3日は静岡交響楽団としずぎんホールユーフォニアで演奏会。


前半は以前から取り上げたかった早川正昭さんのバロック風「日本の四季」全曲。
ヴィヴァルディの四季のパロディなんだけど笑っちゃうくらい良くできた傑作。後半は華麗なる管弦楽曲集。静響は首席奏者に素晴らしい方々を客演で招くなどして、とっても素敵なオーケストラ。これからが凄く楽しみ。
皆さんありがとうございました!



5日は大田区のアプリコで東京国際音楽祭の2日目を観賞。とっても楽しかった!
中でもビッグバンドの府中第4小学校のハーモニーブリーズジャズオーケストラにはびっくり!


指揮の今井さとみ先生も見事!
エンターザミュージック収録しましたのでお楽しみに。


8日は古巣の日本フィルとサントリーホールで平日昼間の贅沢なコンサート。


チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾いた話題の服部百音さん素晴らしい技術で若さ全快。エキサイティングにしてエキサイティング!アンコールのエルンストの演奏絶品でした!

百音さんのお祖父様で僕の尊敬する作曲/編曲家の服部克久先生にもお目にかかれて嬉しかった!
(服部先生の編曲ナンバーはとにかく素敵で、関西フィルとのサマーポップスでこの20年間毎年ラ・クンパルシータや潮騒、タラのテーマ他、沢山取り上げてきた。)


司会の政井マヤさんもとっても素敵でした。


後半はストラヴィンスキーの「火の鳥」1919年版。日本フィルと取り上げるのは10年以上ぶりだったけど、僕の大好きな魔法がとける箇所の当時お願いしたこだわりがヴァイオリンのパート譜に名前つきで残っていて素直に嬉しかったです。


日本フィルサウンドは凄みがあって色彩豊か。いつも僕のやりたいことに真摯に応えてくれて心より感謝しております。

リハーサルから本番までとっても楽しかった!服部百音さん、日本フィルの皆さん、熱心なサントリーホールスタッフの皆さんありがとうございました!

日本フィルとの次回共演は同じサントリーホールで6月22日の渡邉暁雄先生の生誕100周年記念コンサート。楽しみにしてます!

音楽雑誌「サラサーテ」6月号に
6月22日の日本フィルとのコンサート関連で2ページのインタビューを掲載して下さってます。






4月から朝日新聞の関西版夕刊で月に1回の僕の連載エッセイが始まりました。次回は5月16日夕刊です。こんな感じです。



6月16日(日曜)に銀座で毎年恒例でファンの皆さんとの交流パーティーがあります。何方でも気軽に参加できます!今年のゲストはチャイコフスキー国際コンクール優勝のトップヴァイオリニストの神尾真由子さん!ミニコンサートも楽しんで頂きます。
詳細はこちら



音楽ジャーナリストの池田卓夫さんと久しぶりの再会。僕が日本デビューした時からのお付き合い。素晴らしい批評を書いて下さったり、時には厳しいことも書かれるが的を得ていて気持ち良い。この日は誉めてくれて素直に嬉しかった。



サントリー公演後に中学からの同級生2人とかみさん4人とでホール隣のカフェで優雅にビール。気持ち良かった!
向かって右の渡辺満子さん左後ろの良塚正剛くんが同級生。(左隣はかみさん)。正剛くんと満子さんはエンターザミュージック立ち上げの時にスポンサー探し他で力になってくれた恩人でもあります。


それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2019/5/1



5月4日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは番組レギュラーの新生カルテット The 4 Players Tokyo!
ゲストにリーダーに戸澤哲夫さん(東京シティフィル・コンサートマスター)をお迎えしてヤナーチェクのクロイツェル・ソナタを中心にリハーサル風景など楽しいトークもお届け!



詳細は番組ホームページ



4月29日の関西フィル300回記念定期、チケット補助席まででて完売!沢山のお客様本当にありがとうございました!


前半のエルガーのチェロ協奏曲の宮田大さん魂を揺さぶる演奏で凄かった!宮田さんはお人柄も素晴らしくリハーサルから本当に楽しい!ありがとうございました!
再会が楽しみ!


後半は菅野祐悟さんの交響曲2番の初演!この記念すべき定期演奏会で邦人作曲家の新作はギャンブルでドキドキだったけど大成功!

エンターテイメント性が強かった1番に比べて、より深みを増して、菅野さん独自の立体的なオーケストレーションや美しい新鮮な和声進行が素晴らしくあっという間の45分! 菅野さんならではの世界で調性音楽の新しい可能性を見事に証明した作品だった。

関西フィルも渾身の演奏でお客様も大盛り上がり。

終演後、宮田大さんに次何やろうか?ショスタコーヴィッチ?と聞くと「菅野さんに協奏曲書いてもらいたいです!」と言われて最高に嬉しかった。宮田さんはゲネと本番も前半の後にわざわざ客席で聴いて感激してくれたのだ。これ絶対に実現します!



いわゆる無調の現代音楽に素晴らしい作品は沢山あるが、その一方で世界中のオーケストラの定期演奏会で過去の普通の作品と並べてメインで現代の作品が取り上げられるのはめったに無い。それが何故か真剣に考えるべきだ。

定期演奏会で普通の作品と並べてメインで取り上げることの出来る、一般の聴衆にも受け入れられる新しい調性音楽が必要なのだ。大切なのは調性音楽を書く素晴らしい才能ある作曲家に我々はどんどんチャンスを作るべきだと思ってる。

それにマーラーやブルックナーやショスタコーヴィッチがしんどいというクラシックファンは沢山いる(僕は大好きだけど)、その代わり新しい調性音楽なら好きという人たちが生まれるかも知れない。現に菅野さんがそれを実現してる。

平成最後の演奏会は僕にとって、令和は新しい調性音楽がもっと生まれる時代になるかもしれないと予感できる最高の1日となりました!

凄いパフォーマンスだった宮田大さん、渾身の熱い演奏で菅野さんの魅力を最大限に引き出した関西フィルの皆さん、新しい素晴らしい世界を生み出してくれた菅野祐悟さん、スポンサー及び関係者の皆様、そして満席のお客様!本当にありがとうございました。
令和になり改めてよろしくお願いいたします!


終演後に打ち上げで。菅野さんの大ファンのコンサートマスターの岩谷祐之さんと。
菅野さんが宮田大さんに書く協奏曲では岩谷さんが絡むソロを入れると約束してくれました。楽しみ過ぎる…。


東京からわざわざ駆けつけてくれたお二人。映画監督の樋口尚文さん(向かって左)と超クラシックオタクのNHKのディレクターの加賀恒存さん。2人ともコンサートに大感激!!ありがとうございました。
樋口さんとは僕が指揮する6月29日の伊福部昭の世界でご一緒します!


終演直後に、交響曲の中で素晴らしいソロを弾いてくれた向井航さんと!

本当に気持ちの良い演奏会でした!
演奏会の模様はエンター・ザ・ミュージックで複数回に分けて放送します。
全ての皆様に感謝!

さてさて、5月3日は静岡交響楽団、5月8日は日本フィルと続きます。

それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


<管理人より>

The 4 Players Tokyo の第1弾の映像はこちら↓
https://youtu.be/3mqzwr3enqA

2019/4/25


4月27日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは京都府立西城陽高校合唱部と関西フィルとの共演です!お楽しみに!


近年、城陽文化パルクで毎年関西フィルと共演を続けている西城陽高校合唱部は全国大会金賞受賞高校で、女子ももちろん素晴らしいが男子が人数多く素晴らしい!


城陽文化パルクのニューイヤーのフィナーレ。西城陽高校の吹奏楽部に、城陽市少年少女合唱団も参加して大合唱!

詳しくは番組ホームページ


世田谷区の松本記念音楽迎賓館でエンター・ザ・ミュージックのトーク収録がありました。


エンターザミュージックのレギュラー・カルテットとして新しく生まれた The 4 Players Tokyo 第3弾!でヴィオラの中村洋乃理さん(NHK交響楽団次席ヴィオラ奏者)がゲスト。とっても楽しいトークでした。ヤナーチェクのクロイツェル・ソナタの続編をお届け!
(The 4 Players Tokyo第2弾!は5月4日に放送します! )



関西フィル×ジャズの回でゲストは以前にも出演してもらった作曲家の林そよかさん!林さん編曲のキャラバンの到着や、ムーライトセレナーデ、A列車で行こう!他、関西フィルの演奏でジャズナンバーをお届け!トークも楽しかった!



お馴染み新井鴎子さんをゲストにベルリオーズの幻想交響曲。自筆譜をたっぷり紹介しながら2週にわたってお届けします!




4月29日の関西フィル定期はチケット完売!(皆様に感謝!)ですが、当日キャンセル待ち整理券がでます。連休中なのでスポンサー向けチケットのキャンセルも出るはずです。

ディーリアスはこの時期にぴったりの美しい作品。エルガーのチェロ協奏曲は愛する妻が余命僅かと医師から告げられた時に1楽章のヴィオラの奏でる悲しくも美しい旋律が生まれたという傑作。
念願の宮田大さんとのエルガー!宮田さんの魂揺さぶる演奏が楽しみ!

そしてメインは菅野祐悟さんの交響曲2番初演!1番の時も満席立ち見まで出て大盛上がりだった。2番は明らかに1番より進化。1番は勢いがあり旋律が先行した攻めの印象が強かったが、2番は立体的的な菅野さん独特のサウンドや旋律美に加えて、美しい新鮮な和声進行にこだわり、素晴らしい空間が生み出され、音楽は深みを増してる。どんな響きがするかとっても楽しみです!

これからは、このように邦人作品の新作が過去の作品と並べてメインで取り上げられて、満席のお客様がその新しい作品にワクワク期待するという光景がもっと当たり前にならなければならない。
それに日本のオケはもっと邦人作品を過去の名曲と普通に並べてメインで取り上げるべきだ。
(首席客演指揮者に就任した東京シティフィルとは8月6日ミューザ川崎で前半ドヴォルザークのチェロ協奏曲でメインに芥川也寸志の交響曲1番、11月9日のオペラシティ定期で前半プロコフィエフピアノ協奏曲3番でメインで伊福部昭のサロメをそれぞれ取り上げます)。





ファンの方がツィッターですっかり忘れていた昔の雑誌のインタビュー記事を紹介して下さり、僕も我が家で発見。
20年前の超生意気で鼻につく、イヤな奴的な若造のボクのインタビュー内容でして…お恥ずかしい限りだが、新しい音楽への熱い想いを大切にしたく、菅野祐悟さん交響曲2番初演前でタイムリーなので紹介します。






それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


   藤岡 幸夫


2019/4/16


4月20日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックのゲストは作曲・編曲家の川上肇さん!川上さんの編曲した素敵な作品は当番組でも数多く放送してきました。今回は新たに慶応義塾大学ラグビー部の部歌を編曲。ラグビ部ーのキャプテンによって代々歌いつがれてきた歴史ある歌がどのように響くのか?!


川上さんの傑作「夏のメドレー」や「ルパン三世のテーマ」もお届けいたします。

詳しくは番組ホームページ



4月29日の関西フィル300回記念定期は宮田大さんとの念願のエルガーのチェロ協奏曲にメインは人気作曲家の管野祐悟さんの交響曲2番初演!

一昨年の関西フィル定期での菅野さんの1番初演は立ち見まででて大盛況で、会場を沸かせたとっても素敵な作品だったが2番はさらにどんな進化を聴かせてくれるのか?!


チケット(関西フィル)06 6577 1381



これは面白い!とっても分かりやすく、素敵な文章でスラスラ楽しく読めてしまい旅に出たくなります。そしてなんと!筆者の水原杏樹(ペンネーム)さんは関西フィルの事務局スタッフなのです!Amazonですぐ注文できるので興味ある方は是非!



関西で大変お世話になっている方がスロバキア・ワインのショップをオープン。とっても素敵なお店で何より美味しいワインが安い!


ボトル販売だけでなくカウンターで飲めます。ふらっと気軽に入ってワインを楽しむのもオーケー。極上のスパークリング・ワインも安くてびっくり!

Dufam (スロバキア語で、希望という意味です)
大阪市西区江戸堀1丁目17番16号 肥後橋INAビル1F
電話: 06 6479 1655






芦屋市民センターで講演会。定員20人オーバーで盛り上がりました。オフレコの話も沢山してさしまいました…(^^;
皆さんありがとうございました。



4月11日の朝日新聞夕刊(関西版)で月に一度の僕の連載エッセイが掲載されました。思ってたより大きくて素直に嬉しかった。
次回は5月16日の朝日新聞夕刊です!


   藤岡 幸夫


2019/4/11


4月13日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックはお馴染み新井鴎子さんをゲストにベートーヴェンの英雄交響曲の魅力に迫ります!
どうぞお楽しみに!
詳しくは番組ホームページ


さてさて
4月13日は関西フィルと高石市のとっても素敵なホールで家族で楽しめるあり得ないプログラム!
サンダーバード、ハリーポッター、パイレーツオブカリビアン、風と共に去りぬ他、後半はベートーヴェンの英雄交響曲!

一般3000円 学生1500円 




東京のドルチェ楽器で相棒の繁田美貴(はんだみき)テレビ東京アナウンサーとエンター・ザ・ミュージックの収録がありました。


有村昆さんとの人気シリーズ映画音楽第18弾!は特撮映画特集!
冨田勲先生のノストラダムスの大予言他をお届けいたします!


スターン国際コンクール優勝の木嶋真優さん!悪魔の宿った強烈なブルッフのヴァイオリン協奏曲はまさに木嶋ワールド!


関西フィル首席トロンボーン奏者の風早宏隆さん!素敵な名演の数々をお届けします!


収録前のとにかくよく食べる繁田アナと風早さん。


木嶋さんはヴァイオリン持つと人間が豹変します…!繁田さんの隣は僕の信頼する制作の相棒の酒井柚香プロデューサー。エンターの制作プラネットワイの社長。読響の番組他をずっと撮り続けてきたクラシック番組のスペシャリスト。
収録の時はまるで音楽好きが集まったクラブ活動のよう。



5月と6月に大阪と東京でファンの皆さん(藤岡幸夫後援会)との交流パーティーがあります。ゲストのミニコンサートや僕が各テーブルで皆さんとの会話を楽しみます。何方でも気軽に参加できますので初めての方でもお時間ある方は是非!

《大阪》 5月11日(土曜)17:00~
ホテル阪急インターナショナル (受付16:30~)
ゲストはエンターにも出演して頂いた、箕面出身の天才美人作曲家の林そよかさん!
フルコース・飲み放題
後援会会員(簡単になれます) 7,000円
ビジター  9,000円

《東京》 6月16日(日曜)12:00~
銀座BRB(受付11:40~)
ゲストはチャイコフスキー国際コンクール優勝のスターヴァイオリニストの神尾真由子さん!
着席バイキング 飲み放題
会員(簡単になれます) 6,000円
ビジター 7,000円

申し込み・お問い合わせ
藤岡幸夫 後援会
norikof0126@gmail.com


それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


<管理人より>

●2019/4/5付の藤岡さんのSNS投稿をご紹介
写真7 8 9






今日は久しぶりに完全休養日でかみさんは仕事だ。昔だったら今頃葉山のお気に入りのレストランのテラス席でご機嫌な彼女に「今年の夏はキミが恋の共犯者だぜべいべー」とどうしようもないアホになれていたのにそれが今ではあーた、近所のサウナ→ベランダで飲み…でも知多のソーダ割すごく美味しい…。
;

2019/4/3



4月6日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックのゲストは尺八の辻本好美さん!


楽しいトークとバンブーフルートオーケストラの皆さんのパフォーマンスをお届け!

詳しくは番組ホームページ


さてさて桜満開シーズンの真っ只中、かみさんと結婚30周年で北欧に旅行してきました。北欧は英国在住時代に客演指揮で何度も行ったけど、観光はしたこと無かったので楽しみに。計画はかみさん任せ。何ヵ国か行くのかと思ったら今回はフィンランドだけ。でもかえって良かった!


ヘルシンキに15時到着。その日の夜はオラモ指揮&フィンランド放送響でマーラー交響曲7番を楽しんだ。奇抜なホールだったけど音が良くてびっくり。

 
翌日は僕が愛するシベリウスが住んでいたアイノラやシベリウス記念公園へ。


かみさんが買い物に行ってくれたので、宿泊してるホテルのバーでフィンランドのジンを楽しむ。写真は3杯目…
シベリウスがアイノラから良く通ったという歴史あるホテルのバーで幸せでした…




僕の師匠 渡邉暁雄先生が幼少の頃住んでいたアパートへ。感無量…。

6月22日の暁雄先生の記念コンサートが楽しみです!




翌日は今回の目的地シベリウスが愛してやまなかったカレリア地方へ。ヘルシンキから電車で4時間半さらにタクシーで1時間!
食堂車が快適でした。


コリはフィンランド人の故郷とも言われ、これはシベリウスがフィンランディアをインスピレーションした丘からの眺め。湖は凍ってます。隣はロシア。

 
カレリアはシベリウスが新婚旅行でも訪れてカレリア組曲が生まれたり、シベリウスはここの神話を題材にした作品を数多く生みだしています。


ホテルに着いて翌朝のホテルからの朝焼けの眺め。息をのみました…


ホテルのカジュアルなレストランにもシベリウスの写真が…


レンタルで靴にチェーンを付けたので散策は快適でした。

  

 
静寂…鳥達の声…澄んだ空気に青空…どこまでも美しく…一日中散策して幸せでした…


翌日は再びホテルからヨエンスの駅までタクシーで1時間、ヨエンスからヘルシンキまで特急で4時間半。ヘルシンキも美しい街でした…

実はこの翌日4月2日から僕の古巣の日本フィルがこのヘルシンキで海外演奏旅行をスタート。当初はそのコンサートを聴きたくてこの旅行を計画したのだけど、どうしても仕事で2日のフライトで帰国せねばならず、本当に残念! ヨーロッパにいらっしゃる方は是非!

日本フィル海外演奏旅行予定↓
https://www.japanphil.or.jp/europetour2019

 
結婚30執念記念!朝から晩までかみさんと一緒の修行旅行から無事帰国しました!皆様のおかげでかみさんもご機嫌です(^_^)v これからもアリバイ工作他、諸々の皆様の多大なるご尽力をどうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m
皆様に感謝!!


それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


<管理人より>

●2019/3/26付の藤岡さんのSNS投稿をご紹介

  

今日はかみさんの帰りが遅い…昔のボクだったら予約しておいた桜を眺めるテラス席で微笑む彼女とマティーニで乾杯…「酔ってるのはサクラなんかよりずっと美しいキミにだぜべいべー」と救いようの無いアホになってたのに…それが今ではあーた、近所の駅前で独りで缶ビールですわ…手荷物は買い物袋(^^;



過去の一覧はこちら