藤岡幸夫公認ファンサイトトップへ



2022年1月~3月分

過去の一覧へ

←つづき(過去) つづき(最新のページ)→

2022/3/27

皆様

お元気ですか? 
桜の季節ですね。コロナ禍も収束に向かっているようで嬉しい限りですが、連日報道されているウクライナの悲劇には本当に悲しくなります。何とか一刻も早く停戦して、ウクライナの方々に平和な生活を送れるようにと祈るばかりです。

3月31日は関西フィルと毎年恒例のエンターザミュージックコンサート。
枚方の新しいホールは本当に素晴らしいのでお時間ある方は是非!神尾真由子さんとのヴィヴァルディの四季やチゴイネルワイゼン、メインの豪華絢爛のストラヴィンスキーの「火の鳥」を僕と司会の狩野恵里アナウンサー(テレビ東京)の楽しいお話しと解説でお届けいたします。
詳細は本文中のチラシを御覧下さい。



4月2日(土)のエンターザミュージックはアマチュアオーケストラ特集第6弾!
東京の江戸川フィルハーモニーオーケストラ!


小林研一郎先生や井上道義さんも客演している歴史あるオーケストラです!




3月24日は山形交響楽団と鶴岡公演でした。サックスの上野耕平さんはグラズノフとイベールで品格高い素敵な演奏でした。


本番前日に鶴岡に移動して、世界的に注目されテレビなどで大きく紹介され続けている慶應義塾大学先端生命科学研究所を訪問。
冨田勝所長(真ん中)に案内して頂きました。冨田所長は僕が深いお付き合いをさせて頂いた世界的人気作曲家の冨田勲さんのご長男。凄い技術と冨田所長の素晴らしい信念に感動!

写真右は山形交響楽団の西濱秀樹専務理事。西濱くんは元関西フィル専務理事でヨーロッパで活動していた僕を関西フィルに引き込み一蓮托生の時代を過ごしたので、思い出話に花が咲き、3日間爆笑の連続で楽しかった!(西濱くんの話しは、「続・音楽はお好きですか」でも書いてます笑)。


本番は山響が生き生きとしてエキサイティング!久しぶりのメンデルスゾーンの交響曲3番「スコットランド」を堪能しました。
演奏会後は酒田に移動して、地元で会社経営をされている山響応援団の加藤聡社長(写真奥)が「秀政」で極上のお寿司をご馳走して下さいました。隣は聴きにきてくれた、最近山形に移住した世界的ギタリストの福田進一さん。楽しかった~!


演奏会場の荘銀ダクト鶴岡。モダンな設計でびっくり。素晴らしい音響でした。

リハーサルから3日間とっても楽しかった!皆さんありがとうございました!


それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2022/3/23


東北の皆様

今回の地震で被害を受けた方々に心よりお見舞い申し上げます。これまで地震の被害を受けなかったコンサートホールが大被害を受けたり、まだ多くの方々が被害にあわれたままと伺い、いち早く皆様が安心した生活に戻れますよう、心より祈念いたしております。

また、連日のウクライナの報道にも心が震えております。未だにこんな事が起きているのが信じられない。一刻も早く戦争の終結を願うばかりです。

先週のエンターザミュージックでショスタコーヴィチを取り上げましたが、収録時や放送日決定時はまだウクライナ侵攻は始まっておらず、またショスタコーヴィチはソ連時代の反体制の作曲家だったし、放送の趣旨は木嶋真優さんの素晴らしいヴァイオリン演奏を紹介することだったので、予定通り放送しました。


さて、3月26日(土)のエンターザミュージックは大人気の世界的チェリストの宮田大さん!


昨年10月の関西フィル定期で初演した、菅野祐悟さんのチェロ協奏曲を楽しくお届け!


作品の余りの美しさに宮田さん自ら涙を流しながらの素晴らしい演奏でした!


関西フィル定期300回記念のメインが菅野祐悟さんの交響曲2番初演で、この時前半のエルガーを弾いた宮田大さんが菅野さんの音楽に感動!終演後に宮田さんが新作を依頼して生まれたのが、今回のチェロ協奏曲!
誰でも楽しめる素晴らしい傑作です!

どうぞお楽しみに!!




3月17日は都民芸術フェスティバルで首席客演指揮者をしている東京シティフィルとオールシベリウス・プログラム。
郷古廉さんのヴァイオリン協奏曲は美しい音色で品格高く、シティフィルも前半から燃焼度の高いパフォーマンス!


後半の交響曲2番では、シティフィルが凄みあるサウンドで怒涛の熱演!コンマスの戸澤哲夫さんも満足!僕は燃えつきました(笑)




トランペット奏者の平木仁さんとネクタイ(笑)

皆さんありがとうございました!

音楽評論家の東条碩夫さんのこの演奏会の批評↓
https://concertdiary.blog.fc2.com/blog-entry-4004.html?sp




翌日大阪に移動して、3月21日は関西フィルと毎年恒例のびわ湖ホールで親子コンサート。


沢山のお客様ありがとうございました!
今年も関西フィルがノリノリで客席も盛り上がって楽しかった(^-^)


びわ湖ホールの次期監督就任が決まっている指揮者の阪哲朗さんが来てくれて再会嬉しかった!!

皆さんありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします\(^_^)/

終演後は名古屋で一泊して翌日山形へ。
24日は山形交響楽団と鶴岡公演、31日は関西フィルと枚方公演。どちらも楽しみです!!


3月24日



それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2022/3/17

皆さん

お元気ですか?
連日のウクライナの報道には悲しくなるばかりです。全く信じられない光景ばかり。一刻も早くこの戦争が終わって欲しいし、ウクライナの方々に少しでも早く安心した生活が戻りますようにと祈るばかりです。

さて、今週は3月17日が東京シティフィルとオール・シベリウスでメインは交響曲第2番、21日は関西フィルと毎年恒例のびわ湖ホール(素晴らしいホール!)で親子コンサート、24日は山形交響楽団と鶴岡公演でメインはメンデルスゾーンの交響曲3番「スコットランド」!
そして31日は関西フィルと枚方の新しい素晴らしいホールでエンターザミュージック・コンサート!楽しく解説しながら、神尾真由子さんのソロで四季と、豪華絢爛な「火の鳥」!どの公演もとっても楽しみです。
本文中のチラシを参照して下さい(^-^)



3月19日(土)のエンター・ザ・ミュージックは木嶋真優さんのショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番!!


以前放送した東京シティフィルとの演奏。
木嶋さんの悪魔が宿ってるような素晴らしい演奏を、新たに再編集してお届けいたします。



世田谷区のお馴染み、松本記念音楽迎賓館で相棒の繁田美貴アナウンサーとエンターザミュージックのトーク収録。


日本を代表する指揮者、広上淳一兄貴とは、僕がデビューする前からの仲。
話しが盛り上がり過ぎて放送回を一回増やしで、3回分収録しました(笑)
笑いっぱなしで最高に楽しかった!


この日は宮田大さんの収録もあり、3人で記念撮影。


宮田大さんとは、昨年の関西フィル定期で初演した、菅野祐悟さんのチェロ協奏曲。
こちらもめっちゃ楽しかった~!


翌日はリフレッシュで山中湖へ。


ホテルの目の前の富士山。


朝焼けも美しかったです。

ホテルに到着した時は天気が悪く何も見えなかったけど、翌日の明け方譜読みをしていると、素晴らしい景色が目の前に広がり勉強がはかどりました(^-^)


翌日は再びトーク収録


僕がプロデュースするカルテット、
The 4 Players Tokyo の第2ヴァイオリンの遠藤香奈子さん(東京都交響楽団首席第2ヴァイオリン)がゲスト!
リハーサル風景も混ぜながら、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲3&16番をお届けします!


お馴染み新井鴎子さんをゲストに、関西フィルとのラフマニノフの交響曲第2番を2週続けてお届けします!



3月11日のSNS







それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫
2022/3/9

皆さん

お元気ですか?
連日のウクライナの報道に何とも言えない悲しみを感じております。21世紀の今でもこんな事が起きるなんて!
例えどんな理由があってもこんな事は絶対に許されてはならない。
このまま長期化して徐々にうやむやになったりしませんようにと心から願うばかりです。そして何より、ウクライナの方々にどうか平和が戻りますように!!!


さて、この3週間は超ハードスケジュールでした。関西フィル~東京シティフィル~東京フィル~山形交響楽団~九州交響楽団~札幌交響楽団~群馬交響楽団、と移動かリハーサルか本番で全く休み無し。爆弾低気圧の大雪もうまくすり抜けてスケジュール通り無事に乗り越えました。

各オーケストラとも素晴らしい時間を過ごせて充実した3週間でした。皆様に感謝の気持ちでいっぱい。ありがとうございます。

今はちょっと一息ですが、来週からまた演奏会が続きます。先ずは3月17日の東京シティフィルとの都民芸術フェスティバルでのオール・シベリウス・プログラム!どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



さてさて、3月5日&12日(土)のエンターザミュージックはお馴染み新井鴎子さんをゲストにメンデルスゾーン特集を2週続けてお届けいたします!







九州交響楽団とベートーヴェン交響曲2番&英雄の本番の翌日、福岡から札幌へ。
数日前まで、空港から札幌市内への鉄道が不通になっていたくらいの半世紀ぶりの大雪でしたが、無事に札幌市内に到着。


翌日からリハーサルが始まりました。


今回はNHK主催のジャンルを越えた音楽会。プロデューサーの蔦谷好位置さんと(真ん中)ピアノの角野隼斗さん。


隼斗くんとは、前の週に東京でガーシュインの協奏曲で共演したばかり(素晴らしかった!)その後体調を崩して(毎日PCR検査したが陰性)心配だったけど復活。
この演奏会では、ラフマニノフからポップスまで大活躍でした!


蔦谷さんはセンス抜群!ご自身の作品やオケとのピアノ共演とっても素敵でした。


隼斗くんは再会する度に進化をしていて凄い!今回もラフマニノフのソロだけでなく、他のゲストとの共演も素晴らしかった!


今回のプログラムは、書き下ろしの編曲が沢山あり大変だったけど、札幌交響楽団が凄いノリで期待以上でとっても楽しかった!
皆さんありがとうございました!
札幌交響楽団とは5月に再会できるのが楽しみです!

NHKの放送は
「ミュージック・イン・ザ・ベストポジション」
  ◎本放送:3月12日(土) 10:05-11:15 NHK総合(北海道のみ)
  ◎NHKプラス:3月12日(土) 11:15 ~ 3月19日(土) 11:15まで(全国)
「北海道道 蔦谷好位置~ふるさと札幌とともに」内でのダイジェスト版
  ◎4月8日(金) 19:30 NHK総合(北海道のみ)※放送は最大20:43まで


札幌から帰って高崎へ。群馬交響楽団とリハーサルをして、3月6日はすみだトリフォニーで群馬交響楽団の東京公演でした。

ヴォーン・ウィリアムズの「すずめばち」序曲、ウォルトンのヴァイオリン協奏曲、
エルガーの「エニグマ変奏曲」という英国プログラム。


ウォルトンのヴァイオリン協奏曲は、神尾真由子さんと以前関西フィルで共演してたけど、今回も超セクシーで情熱的!真由子さんならではの素晴らしいパフォーマンスでした!


コンサートマスターの伊藤文乃さん。
群響は力強く色彩豊かで今回もエキサイティング!そしてリハーサルでは皆さんとにかく明るい!とっても楽しかったです!


素晴らしいソロだったチェロ首席の長瀬夏嵐さん。ぐいぐいセクションを引っ張って下さいます。


エニグマで美しいソロ(絶品のピアニシモ!)だった首席クラリネットの野田祐介さん。


先輩指揮者の北原幸男さんが来て下さいました。再会嬉しかったです。


大人気作曲家の菅野祐悟さんも来てくれました。菅野さんは神尾真由子さんの強烈なパフォーマンスに大感動!

2024年2月の東京シティフィル定期で、菅野さんが神尾真由子さんに作曲する協奏曲を初演します。

昨年初演した、菅野さんが須川展也さんに書いたサックス協奏曲や、宮田大さんに書いたチェロ協奏曲が素晴らしかったので今から凄く楽しみ!!


皆さんありがとうございました!
リハーサルから本番までとっても楽しかった!群馬交響楽団とは12月に再会できるのが楽しみです!

〈札幌に移動した2月27日のSNS投稿〉












それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫
2022/3/1


皆様

お元気ですか?今週は山形~福岡~札幌と
演奏会が続いております。

東京では3月6日に群馬交響楽団の東京公演があります! 大阪では3月31日に枚方の新しい素晴らしいホールで関西フィルとエンターザミュージックコンサート!
どちらも神尾真由子さんと共演で、東京ではウォルトンの協奏曲、大阪ではヴィヴァルディの四季を取り上げます。
お時間ある方は是非!

ロシアのウクライナ侵攻は衝撃ですね。
まるで、世界大戦前に逆もどり。
日本はもちろん周りの国々は、我々も経済的打撃を受けることを覚悟して徹底的にロシアに対して経済制裁をするべき。我々は、経済的被害を受けたくないという欲を捨てて、なんとしてもロシアを止めるべき。

これを周りの国が許したら、今度は中国が台湾を侵攻するでしょう。相変わらず人間の欲から戦争が起きて、無実の人々が悲しむなんて… 人間は全く成長していないということで空しいですね…



さてさて、3月5日&12日(土)のエンターザミュージックはお馴染み新井鴎子さんをゲストにメンデルスゾーン特集を2週続けてお届けいたします!


3月5日は「フィンガルの洞窟」序曲と、交響曲第4番「イタリア」の1楽章を関西フィルのエキサイティングなパフォーマンスでお届けいたします!





2月23日は山形で三大テノールの宴第4弾!
今回も楽しかった~!


関西フィルと始めたこのシリーズ、
今回は山形交響楽団と、新しくオープンしたやまぎん県民ホール(素晴らしい音響でびっくり!)で! 
兄弟のように仲の良い、日本を代表する3人!向かって左から福井敬、笛田博昭、村上敏明の皆さん!


3人はマイクを使わず、生の歌声で毎回聴衆を圧倒して魅了します。今回もホールを埋めたたくさんのお客様の熱狂ぶりが凄かった!! 山形交響楽団も笑顔でノリノリ!!やってる我々もとにかく楽しい!最高の至福の時間!


向かって左端は、元関西フィル事務局長で僕の恩人でもある、山形交響楽団の西浜秀樹専務理事・事務局長。彼も大喜び!
東北ツアーの話も!


東京都交響楽団の元首席第2ヴァイオリンの平尾真伸さん!三大テノールの第1回から毎回、一番後ろでも良いからと(普段は各オーケストラに首席奏者で客演されてる)、弾いてくださりブラボーをステージ上で連発(笑) 平尾さんもこのコンサートが大好きだそうです(^-^)


帰りの新幹線。笛田くんの隣は仲の良い妹さんです!

全国ホール関係者の皆さん!是非とも我々を呼んでください!絶対に喜んで頂きます\(^_^)/

出演者及び関係者の皆さん、素晴らしい時間を本当にありがとうございました!

今回の三大テノールもエンターザミュージック収録したので放送お楽しみに!




山形の翌日に福岡に移動して、2月26日は九州交響楽団と久留米市田主丸のとっても素敵なそよ風ホールで
ベートーヴェンの交響曲2番&英雄!


九響サウンドは濃厚にしてドラマティック!!リハーサルからとっても楽しかった!
コンサートマスターの扇谷泰朋さんは日本フィルのコンマスも兼任しているので20年来のお付き合い(^-^)


終演後に、なんと指揮者の下野竜也さんが現れてびっくり!!来ると知ってたら、もっと上手く指揮したのに!(笑) 
冗談はさておき、実は下野さんの奥様が今回オケ中でヴィオラを弾いていて、リハーサル初日に僕が見つけて挨拶してた。

下野さんが来てくれて素直に嬉しかったです。
4月には関西フィル定期に客演してもらうし、エンターザミュージックにも出演してもらう予定。 コロナが収まったら飲みに行く約束もしました(^-^)


今回、九響はバロックティンパニと、古楽器のトランペットを使用して下さり(僕のリクエストではなく自発的に)、締まったクラシックな魅力的な音色を引き出して下さいました。驚いたのは、普通古楽器を使用するときは、音は殆ど書き換えないけど、
今回は1楽章の最後他を音を変えて吹いて下さり(これも僕のリクエストではなく自発的に)、これが、現代楽器だとわざとらしくなるが、古楽器だと凄く自然な響きで効果的でびっくり!勉強になりました!

皆さん、ありがとうございました!

九響の皆さんとは5月の定期演奏会で再会できるのを楽しみにしております!
(本文一番下のチラシコーナー参照)



〈3月の演奏会〉

3月6日




それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫
2022/2/23


皆様

お元気ですか?
東京シティフィル定期から超過密スケジュールで翌日は角野隼斗くんと共演、翌日から大阪~山形~九州~札幌と切れ目無し。
仕事があるのは有り難い事で、頑張っております。

22日の山形での三大テノールと26日の九州交響楽団とのベートーヴェンの2番&英雄は、どちらも素晴らしいホールと聞いていて初めてので、今からとっても楽しみです。



2月26日のエンターザミュージックは大人気神尾真由子先生のレッスンシリーズ!
相棒の繁田美貴アナと楽しくお届け!


今回のレッスンもとっても面白いです!


最後に関西フィルとのウォルトンのヴァイオリン協奏曲の3楽章をお届けいたします!



2月19日は東京シティフィルと定期演奏会でした!たくさんのお客様ありがとうございました!


前半はディーリアスの2つの水彩画の後に吉松隆さんのチェロ協奏曲!
BBCフィルの首席チェロのピーター・ディクソンのために作曲され、2003年に、僕がピーターと、関西フィルと初演、日本フィルと再演、英国でBBCフィルとCD録音して以来の再演。

改めて素晴らしい作品だと実感!

宮田大さんがとにかく魂こもった美しくもエキサイティングな演奏で凄かった!!
吉松隆さんも大喜びでした!


メインは僕の愛するヴォーン・ウィリアムズの田園交響曲。
ソプラノの半田美和子さんが、急性胃腸炎で降板。急遽、小林沙羅さんが本番当日のリハーサルだけで出演。美しい歌唱で見事でした! 

シティフィルは前半も後半も完成度&燃焼度高く、繊細にしてエキサイティング!
各パートソロも素晴らしく、とっても素敵な演奏会になりました!


つい先日、関西フィル定期で初演した宮田大さんのためのチェロ協奏曲を作曲した菅野祐悟さんも来てくれて、吉松隆さんに初対面できて大喜び。3人で飲みに行く約束ができて嬉しかった!


コンマスの戸澤哲夫さんもご機嫌でした。

リハーサルから本番までとっても楽しかった!

(クリックで動画再生↓)


皆さん、ありがとうございました!

演奏会の模様はエンターザミュージックで複数回に分けて放送いたします!


シティフィルの定期の翌日は角野隼斗くんのリサイタルツアー千秋楽で東京フィルと
ガーシュインの協奏曲!


角野くんが、僕を指名してくれて、当日のゲネだけで本番。
コンマスは仲良しの近藤薫さん!


前半は、角野くんのソロだけで、僕の出番は協奏曲だけ。本番前の控え室も楽しかった!


角野隼斗くん、素晴らしかった!
タッチの美しさは絶品!エキサイティングでアドリブもセンス抜群!
ピアニカを使ったカデンツは最高で唖然!
何度でもまた角野くんとやりたい!

東京フィルも、凄いテンションでノリノリ。当日のリハーサルだけとは思えないパフォーマンスで楽しかった~!

皆さんありがとうございました!

隼斗くんとは、来週は札幌交響楽団と、5月は東京シティフィル定期で共演、来年は関西フィル定期と東京シティフィル定期で共演する予定で今からとっても楽しみです。

2日続けて素晴らしい演奏会ありがとうございました。

関係者全ての皆様に感謝です!





角野くんとの共演の翌日は大阪の国際美術館で、関西フィル首席奏者によるカルテットの司会。
ヴァイオリンはコンマスの2人岩谷祐之&赤松由夏さん、ヴィオラ中島悦子さん、チェロ日野俊介さん!とっても素敵な演奏でした(^-^) チケットも発売20分で完売だったそうでお客様にも感謝!



2月26日



それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2022/2/17

皆様

お元気ですか?

さて、2月19日(土)は東京シティフィルの定期(オペラシティ)で、吉松隆さんの傑作!チェロ協奏曲を大人気の宮田大さんで。
メインは僕が最も愛する交響曲のひとつ、ヴォーン・ウィリアムズの田園交響曲です。
世界大戦で悲しむ人々を包み込む、深い祈りと優しさに溢れた世にも美しい交響曲です!
是非とも聴いて頂きたいプログラム!!

皆様、お待ちしております!

翌20日は角野隼斗くんとガーシュインのあと、23日は山形交響楽団と3大テノール!26日は九州交響楽団とベートーヴェンの交響曲2番&英雄!!
3月1日は札幌交響楽団(一般売りのチケットは無し)、3月6日は群馬交響楽団との東京公演と続きます!!

どの公演もとっても楽しみです!

詳しくは本文中のチラシを参照してください!



2月19日(土)のエンターザミュージックは2週続けて僕の愛するヴェルディのレクイエムを相棒の繁田美貴(はんだみき)アナと楽しくお届けします!


ヴェルディのレクイエムというと「怒りの日」が有名ですが、それ以外の曲が素晴らしい!!
関西フィルと関西フィル合唱団のエキサイティングなパフォーマンスをお楽しみください!




2月13日は関西フィルと毎年恒例バレンタインコンサートでした。沢山のお客様に感謝!関西フィルらしく明るくノリノリ(^-^)パナソニック幹部にして世界的ジャズピアニストの小川理子さんのガーシュインの協奏曲とっても素敵でした!
角野隼斗くんが来てくれて嬉しかった!昔から角野ファンだった理子さん狂喜(笑)

皆さん、ありがとうございました!

同じ協奏曲を2月20日に角野くんとやるの楽しみです😀
スポンサーをして下さった、テクニクス、グリコの皆様にも感謝です!

ありがとうございました!



翌日は、関西フィルの練習拠点の門真市のルミエールホールのリハーサル室で角野隼斗くんと20日のガーシュインの打ち合わせ。




エンターザミュージックのトーク収録がありました。相棒の繁田美貴(はんだみき)アナと、アマチュアオケシリーズ第6弾の江戸川フィル、横山幸雄さんと関西フィルのラフマニノフのピアノ協奏曲3番、上原彩子さんと関西フィルのベートーヴェンのピアノ協奏曲5番「皇帝」のトーク収録。

どうぞお楽しみに!


首席客演指揮者をしている東京シティフィルと19日の定期演奏会のリハーサルが始まりました。美しくエキサイティングで凄く良い感じです!!


初日リハーサルはソロ無しで、リハーサル後に宮田大さんと打ち合わせ!

2日目のリハーサルからいよいよ合わせです!



12日は毎年恒例の関西フィルと東大谷高等学校の卒業記念公演がありました。





2月19日 東京シティフィル定期演奏会


2月23日



それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2022/2/9

皆様

お元気ですか?
僕は今週末から怒涛のスケジュールなので、先週から部屋にこもって勉強漬けです。 大阪・東京だけでなく、九州、北海道、群馬と移動するので雪がちょっと心配です。接種は三回目を済ませたので、用意万全で頑張ります。

2月12日(土)は毎年恒例のバレンタインコンサートで、ジャズやディスコナンバーをオーケストラでゴージャスに楽しんで頂きます。君の瞳に恋してるや、ABBAのメドレーに、前半は世界的ジャズピアニストの小川理子さんとガーシュインのコンチェルト! 毎年新たな関西フィルファンが生まれる大切なコンサートです!

2月19日(土)は東京シティフィルの定期(オペラシティ)で、吉松隆さんの傑作!チェロ協奏曲を大人気の宮田大さんで。
メインは僕が最も愛する交響曲のひとつ、ヴォーン・ウィリアムズの田園交響曲です。
世界大戦で悲しむ人々を包み込む、深い祈りと優しさに溢れた世にも美しい交響曲です!
是非とも聴いて頂きたいプログラム!!

皆様、お待ちしております!




鳩山記念館でシベリウス協会の動画インタビューがありました。ピアニストの渡邉康雄さんとシベリウスの話しや康雄さんの父上で僕の師匠だった渡邉暁雄先生の懐かしい話で盛り上がりました。


シベリウス協会の会長の指揮者の新田ユリさんと。ありがとうございました!
近日中に、シベリウス協会のYouTubeチャンネルでご覧になれます。


手前が鳩山記念館で、奥の白い家に渡邉暁雄先生が住んでいらした。
僕は暁雄先生の内弟子として6年間、週に5日は朝からこのお宅に通っていたので、とっても懐かしかったです。

皆さんありがとうございました!
YouTubeのアップを楽しみにしております!



松本記念音楽迎賓館でエンターザミュージックの収録がありました。楽しかった!

 
お馴染み新井鴎子さんと2週続けてメンデルスゾーン。序曲「フィンガルの洞窟」と交響曲第4番「イタリア」をお届けいたします!


大人気の神尾真由子先生のレッスンシリーズとウォルトンのヴァイオリン協奏曲。
レッスンとっても面白かったし、真由子さんのトークも楽しかった!

放送お楽しみに!


《2月4日のSNSの投稿》



楽章間の拍手について、特に日本は勘違いしているように思う。クラシックファンだけでなく、昔から日本の指揮者や演奏家も公然とマナー違反と言ってる人がいたのも問題だ。

何度も言うが、楽章間の拍手はマナー違反ではありません。海外ではクラシック初心者だけでなく、ソロが素晴らしいと思わず拍手がくる。素敵な事です。

マナー違反とは、演奏中の会話、紙袋や、携帯電話などの雑音や、最後の余韻を楽しむような曲での拍手がくる前のフライングのブラボーです。

ホールによっては、開演前のアナウンスで楽章間の拍手を禁じているが、関係者に聞くと、楽章間で拍手がきたときに、うるさくクレームをホールに言ってくる人がいるからだそうです。やれやれ…

このアナウンスのせいで、第9のソロ歌手の入場で拍手無しでシーンとしてる事がしょっちゅう。歓喜の歌の前だというのに。

因みに第9の初演時は、2楽章ですでにお客さんが熱狂して拍手大喝采でアンコールを求められたのは有名な話です。



2月12日 



それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫
2022/2/2

皆様

お元気ですか?
今週はちょっと一息で、来週からの怒涛のスケジュールの勉強に集中しております。

2月12日(土)は毎年恒例のバレンタインコンサートで、ジャズやディスコナンバーをオーケストラでゴージャスに楽しんで頂きます。君の瞳に恋してるや、ABBAのメドレーに、前半は世界的ジャズピアニストの小川理子さんとガーシュインのコンチェルト! 毎年新たな関西フィルファンが生まれる大切なコンサートです!

2月19日(土)は東京シティフィルの定期(オペラシティ)で、吉松隆さんの傑作!チェロ協奏曲を大人気の宮田大さんで。
メインは僕が最も愛する交響曲のひとつ、ヴォーン・ウィリアムズの田園交響曲です。
世界大戦で悲しむ人々を包み込む、深い祈りと優しさに溢れた世にも美しい交響曲です!
是非とも聴いて頂きたいプログラム!!

皆様、お待ちしております!



2月5日(土)のエンターザミュージックのゲストは話題の角野隼斗さん!!
相棒の繁田美貴アナと楽しくお届けいたします!


角野さんは演奏が素晴らしいだけでなくお人柄も魅力的!共演できるのが毎回楽しみ!


関西フィルとのショパンのピアノ協奏曲素晴らしかった!タッチの美しさは絶品でした!

以前、この演奏会の時のアンコールなどを含めてもう一本編集して放送したいとコメントしましたが、諸事情で次回の角野さんのエンター出演は、5月の東京シティフィル定期のラヴェルの協奏曲となりました。

僕が先走って、ショパンでもう一本と期待させてしまってごめんなさい!!




1月29日は東京シティフィルのティアラ定期でした。

吉松隆さんが2000年に作曲して田部京子さんに誕生日プレゼントした作品。

吉松さんが田部京子さんの弾くシューベルトの最後のピアノソナタに惚れ込んで、なんとこのソナタに管弦楽を付けて協奏曲にしてしまった作品。

吉松さんから初演を頼まれたけど、余りに奇想天外で初演を躊躇してしまった。
コロナ禍で棚を整理していたら、忘れていたこのスコアが出てきて、譜面を読み直して22年経って初演することに。

このソナタを深く愛している方にはオススメしないが、素晴らしく良く出来た作品。
何せ、このソナタが傑作だし、田部京子さんの演奏が絶品で共演できるのは至福の時間。
オケのメンバーにも凄く評判が良かった!

8月の関西フィルとの再演楽しみ!


エンターザミュージックでもお馴染み、コンサートマスターの戸澤哲夫さんと。
メインのシベリウスの交響曲1番も、シティフィルらしさ全快で、強烈な演奏でした。

また、感染拡大にも関わらず、ホールいっぱいのお客様で嬉しかった!


吉松隆さんとの久しぶりの再会も嬉しかった!シティフィルの2月定期では、吉松さんのチェロ協奏曲をとりあげます。宮田大くんがどんな演奏をしてくれるか楽しみ!


昨年末に定年で関西フィルを退団された、手塚・元楽団長も来て下さり嬉しかった!
昨年まで本当にありがとうございました!

吉松さん、田部さん、シティフィルの皆さん他関係者の皆さん、びっくりするくらい沢山のホールいっぱいのお客様、ありがとうございました!2月の定期を楽しみにしております!


この日はジャパンアーツの僕のマネージャーさん勢揃いでした。

向かって左から伊藤信人さん、吉松隆さんの隣は僕の初代マネージャーで今は吉松さん担当の大沼千秋さん、隣の伊藤亜紀子さんは信人くんと共に僕の担当。
皆さん、いつも本当にありがとうございますm(_ _)m




翌30日は関西フィルと野洲公演。野洲とは23年のおつきあいで、昨年はコロナ禍で延期になりましたが、熱心な野洲文化ホールのスタッフや市役所の方々、滋賀銀行のしがぎん経済文化センターの皆さん、そして日本交響楽振興財団の助成金のおかげで延期公演を実現する事ができました。本当にありがとうございます!
チケットも感染対策しながらも完売。関西フィルもノリノリの演奏!
皆様に感謝です!ありがとうございました\(^_^)/



《1月某日のSNS投稿》





それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫
2022/01/26

皆さん

お元気ですか?僕はなんだか凄い勢いで時間が過ぎてる感じです。

さてさて、1月29日(土)は首席客演指揮者をしている東京シティフィルとティアラ定期です。

前半は吉松隆さんが、田部京子さんの弾くシューベルトのピアノソナタ21番に惚れ込んで、このソナタにオーケストラを付けて協奏曲にしてしまった22年前の作品の初演。

22年前にスコアを渡された時はピンと来なくて初演を躊躇したけど、今改めてスコアを読むととっても興味深い。

吉松さんは田部さんの誕生日にこの作品をプレゼントしたのだけど、遊び半分ではなく、めちゃくちゃ真剣に考え抜いてこの作品を書いてます。 

一体どんな響きがするのか今からワクワク。 何より僕も田部京子さんの弾くシューベルトのソナタが大好きで、この作品で田部さんと共演できるのが嬉しくてたまりません!

メインは、僕の大好きなシベリウスの交響曲の1番!これまで関西フィルはもちろん、ヨーロッパや日本国内で色々なオケと取り上げたけど、東京シティフィルとは初めて。こちらもワクワクです!

翌、1月30日は関西フィルと23年前から毎年恒例の滋賀県野洲公演。こちらは豪華なオーケストラサウンドを楽しいトーク付きで思い切り楽しんで頂きます!

皆さんどうぞお楽しみに!


さて1月29日(土)のBSテレ東「エンターザミュージック」のゲストは世界的ジャズピアニストでパナソニックの幹部でもある小川理子さん!


これまで、理子さんには何度も登場して頂いてますが、今回は若手作曲家の林そよかさんが理子さんの為に書いたジャズ風ピアノ協奏曲の2021年改訂版をお届け!


聴き手を飽きさせないとっても素敵な協奏曲です!関西フィルとのエキサイティングなパフォーマンスをお楽しみください!



翌、2月5日(土)のエンターザミュージックのゲストは話題の大人気ピアニストの角野隼斗さん!関西フィルとのショパンのピアノ協奏曲1番を楽しいトークと共にお届けいたします!




兄貴分で尊敬する指揮者の広上淳一さんが、エンターザミュージックに出たいと言って下さり、東京音大の指揮科のレッスンを収録。あり得ない指導風景に驚愕と爆笑!!


見学に来ていた、指揮者の下野竜也さんとオーケストラ指導のN響首席ティンパニの久保昌一さん!


収録後は久しぶりに広上さん達と飲みました。 僕が英国在住時代、広上さんはロンドンを拠点にしていて、よく明け方まで飲んで騒いだ。 昔話に花が咲いて楽しかった~!!

放送お楽しみに!




広上さんと飲んだ翌日は僕がプロデュースするThe 4 Players Tokyo と日本音楽集団のコラボの演奏会。




最初は想像つかなかったけど、めっちゃ感動しました! 邦楽器の品格高い美しい響きと、カルテットの響きが見事に調和!


どの作品も素晴らしく、皆さん素晴らしい演奏でした!

こちらもエンターザミュージック収録したので、放送お楽しみに!




1月23日は関西フィルとの大阪狭山市SAYAKAホール公演。沢山のお客様でびっくり!!
田中正也さんのラフマニノフはエキサイティングだったし、特設合唱団は期待以上のレベルの高さで嬉しかった!!
いつも熱心に我々を呼んで下さる栂井丈治館長(写真)も合唱団で歌って下さいました。

皆さんありがとうございました!再会を楽しみにしております!



1月29日


1月30日




《12月27日のSNS投稿》



関西フィルの事務局スタッフが見つけてくれた20年前の関電の冊子の7ページのロングインタビュー。生意気で恥ずかしくなるが、最後のページを読みながら「おいおい、俺は来年もう60だぜ…」と20年前の自分につぶやいてしまった…(^-^;

このロングインタビューはこちらでご覧になれます↓
http://www.fujioka-sachio.com/fromsachio/fromsachio20220109special.htm




エンターザミュージックの大人気の神尾真由子先生のレッスンシリーズの新企画❗マユコ先生が大人のアマチュアの生徒を募集中!↓
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/enterthemusic/lesson/
マユコ先生のレッスン③
https://youtu.be/glA86-bvkDM
エンターザミュージックの色々
https://youtube.com/channel/UCXL2EucyojmynG9Dkfh6Gew



それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2022/01/18

皆様

お元気ですか?
新年気分も終わり、今月は23日が関西フィルと定期的にコンサートしている狭山市のSAYAKAホールで素敵なプログラム。
今回の共演のために結成された合唱団が期待以上のレベルでびっくり!とっても楽しみです。

29日は東京シティフィルとティアラ定期。前半は吉松隆さんが22年前に、田部京子さんに書いたピアノ協奏曲の初演。
吉松さんが、田部さんの弾くシューベルトの最後のピアノソナタに惚れ込み、なんとそのシューベルトのソナタに管弦楽伴奏をつけて協奏曲にしたという斬新な作品。

吉松さんは作曲後、すぐに僕にスコアを渡して初演を打診されたけど、あまりに突拍子もない作品で、初演を躊躇してしまい22年も経ってしまった。

コロナで暇になり、棚を整理していたらスコアが出てきて、改めて譜よみをしてたらとっても取り上げたくなった次第なのです。

メインは僕の愛してやまない雄大な旋律美溢れるシベリウス交響曲の第1番です!

チラシは本文中と、本文最後のチラシコーナーを参照ください(^-^)



1月22日(土)のエンターザミュージックのゲストは大活躍の若手指揮者、鈴木優人さん&原田慶太楼さんの第2弾!!



今回は、ベートーヴェンの楽譜の版の違いの話他、マニアックに楽しく盛り上がりました!



我が家にも飲みに来てくれたりして楽しかった(慶太楼の隣は奥様)。
これから山田和樹くんと4人で色々新しいことにチャレンジします!
(詳しくは本文の下方で説明してます)



1月15日は関西フィルと毎年恒例のいずみホールでのニューイヤーコンサート!


テノールの福井敬さん圧倒的な歌唱で素晴らしかった!!2月の山形の三大テノールの宴での再会が楽しみ!

関西フィルもノリノリで楽しかった~!


4年前に阪大オケを振った時にオーボエを吹いていた荒木良太くんが、エキストラで吹いていてびっくり!なんと阪大卒業後に東京芸大に進みプロの道に。芸大では、関西フィル首席の佛田明子さんの生徒だそうです。
阪大卒業したのにもったいないけど、頑張ってね!再会嬉しかったです!



5年間大変お世話になった手塚楽団長(写真取り忘れた!)が定年で退団され、今年から後任で来て下さった大野英人楽団長。

大野さんとは僕のデビュー当時からのお付き合い。広島交響楽団事務局長、名古屋フィル音楽主幹、中部フィル専務理事を歴任されたエキスパート(エッセイ集でも紹介しました)。僕がデビューしてすぐマンチェスターにも会いに来て下さったりした方で、今回の大野さんの就任は凄く嬉しい。

元々関西の方で、関西フィルの練習拠点の門真市に引っ越してこられ門真市民にもなられました!

これから宜しくお願いいたします!




ニューイヤー翌日は、関西フィルを熱く応援して下さっている、大阪の林田順平商店の林田元宏社長ご夫妻が京都の料亭にご招待してくださいました。



林田社長は、城陽定期や東大阪公演のスポンサー他、様々な形で関西フィルを応援して下さっております!
絶対腐らない奇跡の木材ウリンを輸入されています。ウッドデッキなどに最高です!
http://jhayashida.co.jp/brands/



料亭の女将の笛の演奏とっても素敵でした。
僕が手にしているのはプレゼントして下さったウリンを使った特注の指揮棒。



かみさんもご機嫌で、素敵な京都の休日になりました。ありがとうございました!
これからも関西フィルをどうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m



1月23日




それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2022/01/12

皆様

お元気ですか?

また感染者が増えてきましたね。
早くインフルエンザ並みになって欲しいと願うばかりです。

さてさて、1月15日は毎年恒例で関西フィルといずみホールでニューイヤーです。

僕の大好きな(普段あまり取り上げられない)とっても素敵なワルツを4曲取り上げます(^_^)v 

犬猿の仲だったブラームスとワーグナーが偶然にも愛したワルツ「酒、女、唄」や、若い悪妻に苦しめられた時に、天国の最初の素晴らしい妻を思い出しながら、自分を奮い立たせるワルツ「南国のばら」、ウィーンの香り満載のワルツ「ウィーン気質」、立体的でロマン拡がる「天体の音楽」!

ワルツ以外は、日本を代表するテノール福井敬さんの、オーソレミオや帰れソレントへや学生王子、誰も寝てはならぬ他でゴージャスな歌声を満喫して頂きます!

どうぞお楽しみに!


1月15日(土)のエンターザミュージックは人気回の再放送でシューマンの交響曲第3番「ライン」!新井鴎子さんをゲストに角谷暁子アナと楽しくお届けいたします!


重要文化財の美しい大阪中央公会堂での関西フィルのエキサイティングなパフォーマンスをお楽しみください!




1月9日は22年のお付き合いになる京都府城陽(僕は城陽応援大使をしております)の文化パルク城陽で毎年恒例のニューイヤー!今回は僕と関西フィルの51回目の出演。ロビーには第1回~のチラシが張られてました(笑)


今回のソリストは小6の林成くん!
素晴らしい才能!これからがとっても楽しみです!


僕と関西フィルを呼び続け下さってる文化パルク城陽の西田陽子さん!
今回もたくさんのお客様で嬉しかったし、関西フィルもノリノリで楽しかった!

皆さんありがとうございました!

8月には城陽定期があります!




翌日10日は23日(日)に関西フィルと共演する狭山市の特別合唱団とリハーサル。
期待以上のレベルの素敵な明るい元気な合唱団で、「ふるさとの四季」が楽しい!日本唱歌っていいね~と実感!

本番でどこまで進化できるかとっても楽しみです!


向かって左から僕がいないときに合唱をリハーサルしてくれてる指揮の高谷光信さん、当日ラフマニノフのピアノ協奏曲2番を弾く田中正也さん、合唱練習のピアノ伴奏の辻川謙次さんの皆さん!

皆さん、本番までよろしくお願いいたします!



1月15日は関西フィルといずみホールで毎年恒例のニューイヤー!



それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2022/01/05

皆様

後れ馳せながら、あけましておめでとうございます。

今年はどうか素晴らしい年になりますように!

とにかく明るく力強く取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします!


さてさて、1月8日(土)のエンターザミュージックは3大テノール特集!相棒の繁田美貴アナと楽しくお届け!



昨年お一人づつ番組に出演したテノールの皆さん。向かって左から福井敬さん、笛田博昭さん、村上敏明さん!3人は兄弟のように仲良く最高に楽しかった!


今回は3人で歌った曲の数々を改めてお届けいたします!
お楽しみに!



1月3日は新日本フィルとニューイヤーコンサート!新日本フィルサウンドは華やか!リハーサルからとっても楽しかった!


向かって左から、ハイドンの協奏曲で素晴らしいソロだった首席フルートの野津雄太さん、素敵な司会の田添菜穂子さん、クールにしてエキサイティングなコンマス西江辰郎さん!皆さんありがとうございました!



新日本フィルのメインスポンサーのオリックス宮内会長ご夫妻。関西フィルも大変お世話になっております。久しぶりにお目にかかれて嬉しかった!



かみさんとコンサート前に新年気分を満喫。



エンターザミュージックを立ち上げて下さった大恩人のテレビ東京の島田夫妻。



島田夫妻と錦糸町らしい素敵なお店で打ち上げ(笑)



スカイツリーが綺麗でした(^-^)


素敵なニューイヤ-コンサートとなりました。満席のお客様、新日本フィルの皆さん、オリックスの皆さん、関係者の皆さんに感謝!ありがとうございました!



大阪に帰り、毎年恒例のコンサートが続きます。皆様のご来場をお待ちしております!


1月9日は毎年恒例22年目の京都府城陽でニューイヤー!華麗なる管弦楽曲集です!




それでは皆さんエンターザミュージックと演奏会でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫



←つづき(過去) つづき(最新のページ)→