藤岡幸夫公認ファンサイトトップへ



2019年3月分

過去の一覧へ

←つづき(過去) つづき(最新ページ)→

2019/3/29


3月30日(土曜)のエンターザミュージックは毎回素晴らしいナレーションの斎藤一也アナウンサーをゲストにポップス特集!


楽しいトーク&見上げてごらん夜の星をやオリーブの首飾り他をオーケストラでゴージャスにお届けします!



21日は富山県の高岡文化ホールでアンサンブル金沢公演。
前半のエグモントと運命は表現力豊かで素晴らしく、少数精鋭でエネルギーに溢れ大編成オーケストラに負けない強烈なサウンド!


後半は地元の高岡工芸高校+高岡高校吹奏楽部との共演!
宝島のサックスソロ素晴らしくてびっくり!

ホール満席で大盛り上がりの楽しいコンサートでした!


終演後は文化ホールの熱いスタッフの皆さんや関係者、先生方の皆さんと打ち上げ。楽しかった~!高橋市長ご夫妻もいらっしゃいました(向かって左手前から3人めの方です)。皆さんと再会できそうで嬉しいです!



翌日から久しぶりの休暇。1月~高岡まで超過密スケジュールだったので翌日からスイッチを切ってます。

24日は群馬交響楽団の桐生市公演に行って来ました。


チェロの北村陽くん!小3の時から何度も共演してエンターザミュージックにも4回出演してもらってきた中学2年の陽くんのドヴォルザーク初挑戦!立派な演奏だった!凄い才能を再確認。後は人間的にも成長して音楽的にどこまで化けるかだ。


大友直人さん&群響の骨太で力強い運命もとっても素敵な演奏でした!
客席で運命聴いたの20年以上ぶり?凄く勉強になりました。今年も群響と共演できるのが楽しみ。
大友さんとは30年以上のお付き合い。久しぶりに会えて嬉しかったです。




新橋第1ホテルのバーでエンターザミュージックのトーク収録がありました。


新しいカルテットシリーズ第2回はThe 4 Players Tokyo のリーダー戸澤哲夫さん(東京シティフィル コンマス)をゲストに楽しいトークとヤナーチェクの弦楽四重奏曲「クロイツェルソナタ」をお届け!


エンター・ザ・ミュージックで新たにプロデュースされた新カルテットのメンバーはリーダー戸澤哲夫(シティフィルコンマス)遠藤香奈子(都響2nd首席)中村洋乃理(N響次席ヴィオラ)矢口里菜子(山響首席チェロ)。
素晴らしいメンバー!!これからが凄く楽しみ。10月に初ライブがあります。詳細はまた…


作曲/編曲家の川上肇さんの特集!
元関西フィルトランペット奏者の川上さんの作品は沢山エンターでも放送してきました。楽しいトーク&素晴らしい書き下ろし編曲も!


管野祐悟さんのツィート

交響曲第2番を発表します。
命削って書いています。
渾身の楽曲を是非聴きに来てください!僕も会場にいます。

関西フィルハーモニー管弦楽団 第300回記念定期演奏会
2019年4月29日 14時開演
ザ・シンフォニーホール
13時40分からのプレトーク、指揮者の藤岡さんと一緒に登壇予定しています。
今からわくわくします。どうぞお楽しみに!


それでは皆さん、コンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫



<管理人より>

●2019/3/25付の藤岡さんのSNS投稿をご紹介





昨日は朝から伊豆へ…昔のボクだったら隣で髪をなびかせながら笑う素敵な女性に「恋はラプソディー…夢の中に連れてっておくれべいべー」とどうしようもないアホになれてたのに、それが今ではあーた、独りドライブなんです…漁港の食堂で刺身定食を食べて夕方には帰宅。今ではまぁこんなもんよ…でも海がとっても美しく癒されました(^-^)

@東伊豆外浦海水浴場 食堂で独りの証拠の写真撮るの忘れた…疑ってください(^-^;)

2019/3/18



3月23日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは新カルテット始動!弦楽四重奏は作曲家にとって勝負ジャンルで大好き。以前からシリーズでやりたかった。

今回4つの違うオケのトッププレーヤーによる素晴らしいカルテットが新たに始動します!


この4人がカルテットを組むのは初めて。シリーズ第1回は初音合わせから4人の魅力をお伝えします!




1年ぶりに山形交響楽団を振ってきました。元関西フィル事務局長で僕の弟分で恩人でもある山形交響楽団専務理事の西濱君。山形交響楽団に移籍して彼はその豪腕で多くのスポンサーを獲得、定期演奏会は毎回完売で、年間入場率95%に。素晴らしいです。
西濱君とは関西フィルで12年間一蓮托生でコンビを組んできたので思い出話が尽きない。楽しい2日間でした。西濱君には本当に感謝してます。

昨年に引き続き天童市での日新製薬主催のコンサートで満席のお客様。絶好調の山響は皆さん明るく僕の注文にそこまでやっちゃうの?!という素晴らしいレスポンスで生命力溢れ、リハーサルからとっても楽しかった!
西濱君の司会も相変わらず抜群でした。


終演後に関西フィルと関係の深い作曲家の林そよかさんと。今回僕の推薦で林さんが幸せ芝居を編曲。タンゴ調の見事な編曲。林さんは来年、関西フィルのバレンタインコンサートでピアニストの小川理子さんの為にジャズ風のピアノ協奏曲を作曲します。
山形は食事も美味しい!

山形の皆さんありがとうございました!再会を楽しみにしております!





関西フィルとの毎年恒例の大阪市中央公会堂シリーズ。

ブルッフのヴァイオリン協奏曲を弾いた木嶋真優さんは期待以上の悪魔っぷり素晴らしかった!一音一音に魂が込められた超濃厚なブルッフ強烈でした。

関西フィルも情熱的でよく歌う関西フィルの魅力全開の渾身のパフォーマンス!シューマンのラインは関西フィルとはこの20年で初めてだったけどまたやりたい。


木嶋さん本人は自称天使なのだがとんでもない!この方ヴァイオリンを手にすると豹変します!

今回の演奏会は3つの違うテレビ局のクルーが撮影。エンター・ザ・ミュージックのBSテレ東、木嶋真優さん密着取材の日テレ、藤岡密着取材の関西テレビ(大阪の女性9割が見てると言われる人気番組「よ~いドン」朝9時50分~の凄腕ウォーカーというコーナーで関西フィル&藤岡を25分間取り上げて下さいます。4月5日放送)。
有難いですね。
各テレビ局のスタッフの皆様ありがとうございました。

そして木嶋真優さん、関西フィルの皆さん、長年この大阪市中央公会堂シリーズをスポンサーして下さっているNTT西日本の皆様、ありがとうございました!




21日にアンサンブル金沢と共演する高岡高校と高岡工芸高校吹奏楽部に指導に行って来ました。
宝島でソロを吹くサックスの2人が上手くてびっくり。皆どこまで良くなるのか?本番楽しみです!




大阪市中央公会堂の演奏会が終わり新地のフレンチのレストランでカップルに大ファンなんです!と声をかけられた。以前同じように声をかけられた後に「カワサキマヨさんですよね?」とか「オオウエエイジさんですよね?」(ライバルオケの素晴らしい指揮者でこの時は落ち込んだ…)と言われた事を思いだし焦ったが、本当に僕のファンで素直に嬉しかったです。それにしてもあーた、僕と一緒にいたのがかみさんで良かった…(^^;

それでは皆さんコンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2019/3/11


3月16日(土曜)のBSテレ東 エンター・ザ・ミュージックは僕の愛するヴェルディのレクィエム第4弾!でゲストはバリトンの与那城敬さん!


与那城さんの素晴らしい歌唱と楽しいトーク!


関西フィル&関西フィルコアの素敵なパフォーマンスをお届けいたします!



3月9日は新宿文化センターで東京都交響楽団とふれあいコンサート。都響サウンドは華やかで力強くリハーサルから本番までとっても楽しかった!皆さんありがとうございました!


都響の素晴らしいオーボエ首席の広田智之さんは30年来の仲良し。彼が日本フィルに入団(後に都響に移籍)と僕が日本フィル指揮研究員になったのが同じ時期で、僕が日本フィルの指揮者になってからも沢山の演奏会を共演したので思い出が沢山ある。
彼との再会はいつもとっても嬉しく笑いが絶えない。
今回も楽しかった!ありがとうございました。




僕は本番ステージに出る直前に舞台袖で木にキスして出る習慣がある。イギリスで縁起かつぎでタッチウッドしただけじゃ心配でキスしたのが始まり。
ステージマネージャーの山野克朗さんが(これまでいつも舞台袖で木を探していたので今回は)いつのまにかボードを用意して下さり素直に感激。

因みに関西フィルや日本フィルは僕専用のマスを用意してくれてます。有難いですね(^-^)


さてさて今週は富山県高岡で地元高校の吹奏楽部の指導をした後に山形へ。昨年に続き山形交響楽団の日新製薬コンサートを指揮します。皆さんとの再会が楽しみ。


3月16日(土曜)は毎年恒例の関西フィルとの大阪市中央公会堂公演。

大好きなブルッフのヴァイオリン協奏曲はスターン国際コンクール優勝の木嶋真優さんがソリスト。とにかく木嶋さんのその集中力と音符に魂が込められた音楽は強烈で時に狂気すら感じる。ヴァイオリンを手にすると豹変する木嶋さん。
今回はどんなブルッフを聴かせてくれるか凄く楽しみ。

ワーグナーのジークフリート牧歌は、マンチェスターの室内オケの首席指揮者時代に何度も取り上げたこちらも大好きな作品。
品格高く優しさに溢れた何とも美しい音楽で、関西フィルとは20年の付き合いになるがこれを振るのは初めて。

シューマンの交響曲3番「ライン」はスケール大きく旋律美に溢れ、情熱が沸き上がる。スコアを読んでるだけでわくわくしてくる。

大阪市中央公会堂は重要文化財で、タイムスリップしてヨーロッパにいるような美しいホール。
ここで演奏会が出来るのは奇跡だと思ってる。

お時間ある方は是非!


関西フィル 06 6577 1381








3月21日(祝)は富山県高岡市でアンサンブル金沢と演奏会。
前半のベートーヴェンの「運命」はオケがどんな響きをするのかとっても楽しみ。
後半は地元の高校の吹奏楽部の皆さんとオーケストラとのコラボ!
若者達との共演!




それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


<管理人より>
2019/2/28付の藤岡さんのSNS投稿をご紹介

新地の夜。昔のボクだったら女性と楽しく食事しながら「今年の夏はきっと太陽が俺達に恋の魔法をかけてくれるぜベイべー」とアホになってたのに…それが今晩もあーた!オッサン2人…涙!収録で協奏曲弾いたベース石川滋さん(向かって右)とETMのファンで収録を見学にわざわざ東京から来た他局日テレの齋藤政憲プロデューサー!😆



2019/3/7


3月9日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは僕の愛するヴェルディのレクィエムその3。メッゾソプラノの八木寿子さんをゲストに素晴らしいパフォーマンスと楽しいトークをお届けいたします!





日本フィルとの九州演奏旅行の後は関西フィルとの公演が続きました。


シンフォニーホールで関西フィルと恒例のJAF主催のコンサート。前半はクロマチック・ハーモニカの南里沙さんと共演。魂のこもった素敵なパフォーマンス。メインはサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」。
ゴージャスな響きで我々らしさを出せた手応え。


JAFの翌日は毎年恒例10年目にになる近畿大阪銀行主催のいずみホールの演奏会。前半は珠玉の管弦楽曲集でメインはブラームス交響曲1番。こちらも関西フィルらしく燃焼度高い演奏で盛り上がりました。

どちらのコンサートも満席で素晴らしい文化。ここから新しいクラシックファンが生まれてくれたことを願います。
コンサートを続けて下さってるJAFと近畿大阪銀行の関係者の皆様に心より感謝!
関西フィルも連日集中度の高い生命力あるパフォーマンスで楽しかった。
皆さんありがとうございました!



コンサート翌日から再び関西フィルとリハーサルでチェリーホール(関西フィル練習場の旧オークホール)でエンターザミュージック収録。


お馴染みサックスの須川展也さん!


向かって僕の右隣の辻本好美さんが中心になる尺八のバンブーフルートオーケストラ!


読響ベースのソロ首席石川滋さん!関西フィルとは2度目の共演。


全国大会金賞校の大阪府立清水谷高校合唱部!


ETM収録の後は東京で古巣の日本フィルと僕の大好きな杉並公会堂でコンサート。


吉松隆さんの夢色モビールで美しいソロを披露したコンサートマスターの木野雅之さん。サン・サーンスのヴァイオリン協奏曲3番で、繊細にしてダイナミック!素晴らしいパフォーマンスだった伊藤亜美さん。実は彼女は英国マンチェスターの王立音大の後輩でもあります!
メインの幻想交響曲は日本フィルが僕のやりたい事に真摯に応えてくださり、狂った感をだせた手応え。
リハーサルから本番まで凄く楽しかった!伊藤亜美さん、日本フィルの皆さん、杉並公会堂の関係者の皆さんありがとうございました!


ティンパニの森茂さんと久しぶりの共演!30年以上前の日本フィル指揮研究員時代僕は野球部の正捕手で森さんは監督。デビューして日本フィル指揮者時代も沢山アドバイスをくれたのが懐かしい。
随分前に退団されて音大で教える事に専念されるようになったので、今回エキストラで久しぶりに再会できて嬉しかった。


杉並公会堂でのコンサート後は必ず杉並音楽三田会の皆さんと打ち上げ。皆さんとは20年近くのお付き合いで今回も楽しかった。ありがとうございました!


日本フィルの翌日は六本木シンフォニーサロンでエンターザミュージックのトーク収録でした。


さてさて今週末は東京都交響楽団とチャリティーコンサート。

来週は富山県高岡で吹奏楽の指導をした後山形へ。山形交響楽団と昨年に続き日新製薬のコンサートを振らせて頂きます。山形の皆さんとの再会が楽しみ。
山形の後関西に帰ります。


それでは皆さんコンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


※2/24 JAF主催公演のevent reportはこちら


<管理人より>
2019/2/27付の藤岡さんのSNS投稿をご紹介

新地の夜。昔のボクだったらクラブのソファーで女性の瞳を見つめながら「美しすぎてキミが怖いぜ、ベイべー」とか言ってアホになってたのに…それが今ではあーた!僕の追っかけの考古学者のオッサン(向かって左)の吉村和昭さんと朝日新聞の塚本和人さんと小さなイタリアンで笑いっぱなし!楽しかった!




←つづき(過去) つづき(最新ページ)→