藤岡幸夫公認ファンサイトトップへ



2018年8月分

過去の一覧へ

←つづき(過去) つづき(最新ページ)→

2018/8/29



9月1日(土)のエンター・ザ・ミュージックのゲストはチャイコフスキー国際コンクール優勝の上原彩子さん!
ベートーヴェンのピアノ協奏曲5番「皇帝」の素晴らしいパフォーマンスと楽しいトークをお届けいたします!



上原彩子さんは3児の母でもありお話も面白かった!今年1月いずみホールのコンサート模様をお届けいたします。

どうぞお楽しみに!







毎年恒例で、関西フィルが普段大変お世話になっているメインスポンサーのダイキン工業の大盆踊り大会!
毎年この日はリハを早くに終わらせて、団員の皆さんと参加者。地元の方々と密着した長い歴史ある恒例行事で1日で2万人集まる大イヴェント。財界の重鎮の皆様も集まりご挨拶できるチャンスでもあります。
楽しかった~!





28日の城陽定期オール・チャイコフスキーのソリストは昨年クララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝したまだ19歳の藤田真央くん。
凄かったです!



ダイナミックでエキサイティングだけどppのタッチはどこまでも美しく…絶品でした。次はシューマンをやろうと固く約束。

交響曲5番は関西フィルとこの19年間何度も取り上げてきた。毎回この交響曲は崩壊するくらいでなきゃと思って指揮してるが、今回も我々らしさを出せた手応え。



終演後にお客様とホールレストランのビアガーデンで楽しいパーティーが恒例。
文化パルク城陽ならではでめっちゃ楽しい!奥田敏晴 城陽市長も毎年参加してくださいます(正面テーブル向かって右、手前から3人目に着席されてます)



今回のバーベキューは男性の一人参加も多くて嬉しかったし楽しかった(^-^)

藤田真央さん、関西フィルに文化パルク城陽の皆さんにいつも応援して下さるお客様に深く感謝!ありがとうございました!

文化パルク城陽の次回は毎年恒例のニューイヤーコンサート!お楽しみに!


それでは皆さん!コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


※8/26城陽定期演奏会のevent reportはこちら
 2018/8/23




8月25日(土曜)のエンター・ザ・ミュージック第201回はファゴット特集!関西フィルの星野則雄さん(首席奏者)と河渕伸子さんをゲストにこれまで放送した中からシベリウス交響曲2&5番、マメール・ロア、真夏の夜の夢他、当番組ならではの選曲でファゴットが活躍する作品をお届けします。楽しいトークもどうぞお楽しみに!



星野さんと河渕さんは20年来のお付き合いですがトークは初めて聞く話ばかりで楽しかった~!



8月19日は関西フィルと毎年恒例で第1回から指揮して37回目のMeet the Classic。 早くからチケット完売でありがとうございました!

前半は小栗まち絵先生とチャイコフスキー。まち絵先生は輝かしいコンクール歴だけではなく、今は亡きご主人の工藤千博先生(京響のコンマスでもあり僕も多くの事を教えて頂いた)と共に神尾真由子、木嶋真優、大谷玲子(敬称略)他数多くの素晴らしいヴァイオリニストを生んだヴァイオリン界の至宝的存在。

70歳とは思えない一音一音が丁寧に響き品格高い素晴らしいパフォーマンスだった。何度もやってるチャイコフスキーだけどとっても勉強になった。

これまでまち絵先生の沢山のお弟子さんと共演してきたが、一番の共通点は皆スコアを知り尽くしていてオケと一緒に音楽をしようという想いが伝わってくる。

そのお手本のような素敵な演奏でもあった。

因みに全くの偶然なのだけどお嬢様の工藤里紗さんは、テレビ東京の売れっ子プロデューサーで我が音楽番組エンター・ザ・ミュージックの最初のプロデューサーでもあるのです。久しぶりに里紗さんにも会えて嬉しかった。



後半はベートーヴェンの英雄交響曲。関西フィルとは田園に続いてティンパニとトランペットは古楽器を使用。首席トランペットの白水さんと首席ティンパニの中山さんが積極的に古楽器を使用する事にしてくれたおかげで新しいサウンドを目指せてとっても嬉しい。

今回も生命力溢れた関西フィル&藤岡らしい熱い英雄になった手応え。いずみホールは工事のため今回の会場は昨年生まれた梅田の常翔ホール。期待以上の素敵な音響!駅からも直ぐだしまた是非ともここでコンサートしたい。

演奏会の模様はエンター・ザ・ミュージックで複数回に分けて放送されます。





東京に戻り題名のない音楽会の収録。
新企画《夢響》の第1回。素晴らしい企画でした。

オーケストラは来年から関西フィルと兼任で首席客演指揮者に就任する東京シティフィルハーモニック管弦楽団。

全国から楽器を問わずオーケストラと共演したい人を募集して全国4ヶ所でオーディション。選ばれた10名は8歳~64歳。通常楽器や歌に加え、オカリナ、草笛、段ボールの打楽器など多種多様。

そして驚くべきはソリストとオーケストラは全くリハーサルぜず共演は本番一発勝負。ソリストだってリハ無しは凄く緊張するし、オケも僕も本番でいきなりソリストに合わせるのは凄く難しい。

ソリストと綿密に打ち合わせをして、オーケストラだけの練習ではソリストの意向に沿ってリハしたもののさすがに本番前はこちらも凄く緊張した。

びっくりしたのは10人とも凄い肝っ玉で落ち着いてリハ以上の素晴らしいパフォーマンスだった。おかげでオケと僕もなんとか一発勝負でソリストに合わせる事が出来た。(尊敬すべき大好きな弟弟子の山田和樹さんから誉めてもらいました笑 僕達は二人とも小林研一郎・松尾葉子門下)

オケとリハをしないのはとっても危険だが、昨日のお客様や視聴者にとっては凄くエキサイティングだし、オケは本番初めてソリストの演奏を耳にしてそれが凄く新鮮で特別なサウンドを生み出していたと思う。

何よりソリストの皆さんのそれぞれの想いが伝わってきてとっても素敵な時間を過ごせた。

客席にソリスト達の夢の見届け人として服部隆之さん、村治佳織さん、山田和樹さん、藤原道山さん、上野耕平さん、反田恭平さん、という豪華メンバーが列席。皆さん感動してました。

ソリストの皆さん、司会の石丸幹二さんに松尾由美子さん、東京シティフィルに夢の見届け人の皆さん、そして鬼久保美帆プロデューサーをはじめスタッフ関係者の皆さん、本当に素敵な時間をありがとうございました!

放送は10月20・27日(土曜)、再放送は翌日の日曜日にBS朝日 朝8時~です。どうぞお楽しみに!







本番前に先日共演した反田恭平さんが楽屋に遊びに来てくれた。

ミューザ川崎で日本フィルと日本初演したラフマニノフのピアノ協奏曲5番の関西初演の打ち合わせもして再来年の関西フィル定期で実現出来そう。

恭平くんは人柄も本当に魅力的で一緒にいて楽しいし、これからが凄く楽しみ。



尺八奏者の藤原道山さんも楽屋に遊びに来てくれて、こちらも先日日本フィルと初演した大島ミチルさんの協奏曲の関西初演の打ち合わせ。こちらも再来年に実現出来そう。彼も素晴らしい人柄で一緒にいて本当に楽しい。再会が楽しみ。


という訳で翌日大阪に帰り、8月26日は関西フィルと城陽定期!でオールチャイコフスキー!

昨年19歳でクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝して話題の藤田真央さん!題名のない音楽会で共演したけど鮮烈でした!メインは旋律美溢れた情熱の交響曲5番!文化パルク城陽は素敵なホールなので京都観光がてら是非!

終演後にビアガーデンでパーティーもやります!




それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2018/8/15



8月18日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは200回記念!秋には放送5年目を迎え早いものです!皆様に深謝!

話題のクラシック・ギタリストのパク・キュヒさんをゲストに、色々とびっくり企画!最後に関西フィルのカルメン前奏曲もお届け!



実力派美人ギタリストのパクさんとっても素敵でした。200回記念でスタッフと記念写真。家族のような素晴らしい仲間達に心から感謝です!





お盆休み初日は9月17日の、大好きだった世界的人気作曲家 冨田勲先生の世界のスタッフミーティング。

児童合唱、混声合唱、映像にダンスがコラボする壮大な企画!伊福部昭の全集をCD録音するなど話題のオーケストラ・トリプティークとの初共演も楽しみ!




ジャングル大帝他の手塚治虫とのアニメ音楽、勝海舟など大河ドラマ、そしてキャプテンウルトラやマイティジャック他特撮映像音楽(めっちゃカッコいいです)

スケールの大きな旋律美溢れた素晴らしい世界をお届けいたします!





お盆休みはエンター・ザ・ミュージックの収録が続きました。



お馴染み有村昆さんとの大人気シリーズ映画音楽第16弾!今回は僕の大好きなめぐり逢いも取り上げます!




第11回オーボエ国際コンクールで東洋人で初めて1位になった荒木奏美さん!

現在は東響の首席奏者でありながら現役の東京芸大・大学院生。とっても素敵な演奏でトークも楽しかった!




翌日は帝国ホテルでインペリアル・ジャズ! スーパースターの夢の共演!素晴らしいビッグイヴェント!




ビッグバンドのブルースカイオーケストラとっても楽しくてご機嫌のパフォーマンスだったのだけどよく見たら東京シティフィルの首席トロンボーンの佐藤洋樹さん!ソロカッコ良かったです!




エンター・ザ・ミュージック立ち上げの時からお世話になってるBSジャパンの前取締役で栄転された島田淳夫妻と後任の澤田寛人取締役夫妻と飲み会。前列向かって左から島田さん、島田夫人、澤田夫人、後列は澤田さんと僕のかみさん。

全員昭和35年~37年生まれの同世代で音楽大好き。番組はまだまだ続きます(笑)


というわけで次のコンサートは関西フィルと8月18日のMeet the classic でこちらはチケット完売ありがとうございます!


8月22日は題名のない音楽会の収録で第1回《夢響!》。とんでもなく凄い企画で今から楽しみ。


それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫



2018/8/13


皆さん夏休みは如何お過ごしですか?

8月5日は関西フィルと毎年恒例で僕が観光大使をしている滋賀県長浜でコンサート。今年で17年目!今年も満席で関西フィルの英雄も力強く盛り上りました。



打ち上げは毎回豪華で楽しい。

僕の左は藤井勇治市長で右は文化スポーツ振興事業者団の松居繁隆理事長。このお二人をはじめ皆さん本当に熱く関西フィルを応援して下さって心から感謝してる。

待ちに待った新ホール建設始動を約束してくださいました!



東京に戻り古巣の日本フィルとミューザ川崎のサマーフェスティバル。前半は大人気の反田恭平さんとラフマニノフのピアノ協奏曲5番の日本初演に僕の愛するシベリウス交響曲1番。

6月でチケット完売で満席のお客様。熱いコンサートでした。



初顔合わせの反田恭平さんは噂通り凄い才能でした。それに人柄がとっても魅力的。一緒にいて楽しい。

交響曲2番を編曲して作られたピアノ協奏曲5番は反田さんの強い希望で実現。

この作品は良く考えられていてカデンツァも素晴らしい。この手の編曲は批評家やオケやディープなファンは交響曲と比較して色々言うけど、僕は交響曲と比較するべきじゃないと思うし、魅力溢れたとってもエキサイティングな素敵な協奏曲だと思う。

初演ってやってみなきゃわからないことが多いが反田さんは2日間のリハからゲネ本番と進化を続けて素晴らしいパフォーマンスだった。反田さんは力強いと同時にとっても繊細。それに2楽章や3楽章の第2主題では交響曲では絶対できないゆっくりとしたテンポが凄く効果的でラフマニノフのこの音楽で新しい世界を生み出していて新鮮だった!

僕的には色々反省点があったが(オーケストレーションが厚いのでバランス面など)凄く楽しかった。



終演後は反田さんと関西で再演する事を固く約束。そして、彼の本来の夢である指揮者の道を激励した。彼には特別な何かを感じるし指揮姿は見たことないが資質充分。楽しみです!

後半の僕の大好きなシベリウス交響曲1番も日本フィルが僕のやりたい事に熱く応えて下さり嬉しかった。日本フィルの凄みのあるサウンドは魅力的。来年6月に日本フィルとシベリウス5番を振るのも楽しみです。

リハーサルから本番までとっても楽しかった!反田さん、日本フィル、ミューザ川崎の皆様、そして沢山のお客様!皆さんありがとうございました。


今回日フィルの客演首席ベースは読響ソロ首席の石川滋さん。実は滋さんは慶応大の1年後輩で卒業後に米国に留学(僕は英国へ)で大の仲良し。新婚ほやほやで奥様の沙帆さんは22歳も年下でかなり悔しいけど…まあいいや…以前からお祝いを約束していて初日リハ後に宴会。笑いっぱなしで楽しかった~。


翌日は来年から首席客演指揮者に就任する(関西フィルと兼任)東京シティフィルとティアラこうとうでスーパーマーケット<ライフ>のお客様向けの親子コンサート。



関西フィルと5年前から続けて大好評のコンサート(関西は今年はクリスマス)を東京で始動。応募当選確率10倍と大人気で盛り上りました。

シティフィルもエネルギー溢れた凄いテンションで明るくとっても楽しかった!ライフの皆様も来年も約束して下さり楽しみ。

ティアラこうとうは素晴らしいホールなので新しい方々に知ってもらえるコンサートにもなればと思う。



お客様に配られるお土産。中身はお菓子がいっぱいで豪華。



ライフの岩崎高治社長は僕の大学の後輩。かつては商社マンで僕の英国での音大生時代彼は近所にすんでいて毎週末にスカッシュをやった仲。こうして、関西と東京で2本もコンサートを企画してくれて凄く嬉しい。ありがとうございます!


さてさてお盆休みがあけたら関西に帰り、関西フィルと8月18日はMeet the Classic (チケット完売)


それでは皆さん!コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!

<藤岡さんの8月10日のツィートより>
関西フィルは19年間心血を注ぎ毎年40公演前後を共演する家族のような大切な関係、日フィルは4年間研究員をして留学した後定期で日本デビューして7年間指揮者として勉強させてもらった育ての親、来年から首席客演指揮者になる(関西フィル兼任)東京シティフィルは恋人のような感じ?かな…(^-^)
https://twitter.com/sacchiy0608/status/1027846340544323585


  藤岡 幸夫


2018/8/10

次回、8/11(土)の「エンター・ザ・ミュージック」
BSジャパン(7ch)毎週土曜23時半~24時

ジョン・オーウェン=ジョーンズ:ミュージカル「オペラ座の怪人~ケン・ヒル版~」

真夏に相応しく関西フィル&藤岡のラ・クンパルシータもお楽しみに!



2018/8/3

8月4日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックで吹奏楽第19弾!大人気のサックス奏者・須川展也と吹奏楽部訪問シリーズで今回はパナソニックへ行ってきました。楽しかった~!



相棒のテレビ東京・繁田美貴アナ



最後に関西フィル&須川でピアソラ!




関西に帰り毎年恒例で滋賀シリーズ今年で21年目になる野洲市の山仲義彰 市長にご挨拶。山仲市長は音楽大好き、しかもLPマニアで毎年音楽談義に花が咲きとても楽しい。今年も(10月7日本番)どうかよろしくお願いいたします!





7月29日の関西フィルと毎年恒例18回目になるサマーポップス(シンフォニーホール)は今年もチケット完売で補助席・立ち見まで沢山のお客様ありがとうございました!
関西フィルもノリノリで今年も新しいクラシック&関西フィルファンを掴めた手応え!
ABCテレビ、朝日友の会及び関係者の皆様に深く感謝です!

8月2日はこちらも毎年恒例シンフォニーホール関西フィル親子定期。
沢山のお客様ありがとうございました。
楽しかった!協賛の三菱UFJ銀行の皆様にも深く感謝です。来年もよろくしお願いいたします!


8月5日は関西フィルと毎年恒例17年目、僕が観光大PR大使をしている滋賀県の長浜公演でベートーヴェンの英雄!(チケット完売間近)。

9日は古巣の日本フィルとミューザ川崎のサマーフェスティバルで話題の反田恭平さんと初共演(楽しみ!)でラフマニノフのピアノ協奏曲5番にシベリウス交響曲1番(チケット完売)。

10日はティアラこうとうで東京シティフィルとスーパーマーケットのライフのお客様向けの親子コンサートと続きます!


8月18日の関西フィルとの毎年恒例Meet the Classic はチケット完売ありがとうございます!

8月26日(日)の関西フィルとの毎年恒例 城陽定期はまだチケットあります。
クララ・ハスキル国際コンクール優勝で話題の藤田真央さん登場!題名のない音楽会で共演したけど強烈でした!
オールチャイコフスキーでピアノ協奏曲と灼熱の交響曲5番!

文化パルク城陽はとっても素敵なホールなので京都観光がてら是非!


おまけ


ガラケーをスマホにしたらデータ移動で色々な写真がでてきた。僕の大親友のBBCフィルのチェロ首席のピート・ディクソンと奥さんで同オケのヴァイオリンのクララ。吉松さんはピートのためにチェロ協奏曲を書いてる(CDでてます)。
またやりたくなりました。



コロムビアの平澤創会長と作曲家の林そよかさんとパーティーで。

昨年林そよかさんの管弦楽曲を関西フィルと初演したが素晴らしい才能!これからが楽しみ。


それでは皆さん!コンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


7/29サマーポップスコンサートevent reportはこちら

←つづき(過去) つづき(最新ページ)→