藤岡幸夫公認ファンサイトトップへ



2020年2月分

過去の一覧へ

←つづき(過去) つづき(最新ページ)→

2020/2/28


2月29日(土)のエンター・ザ・ミュージックは番組プロデュースのカルテットThe 4 Players Tokyo の第6弾!リーダーの戸澤哲夫さん(東京シティフィル コンサートマスター)!


昨年10月の杉並公会堂小ホールでの初ライブの模様をお届け!


リハーサル風景他、舞台裏の様子もお楽しみに!



僕の大好きな作曲家 冨田勲先生の生家(愛知県岡崎市)が素敵なイタリアンレストランに生まれ変わり、冨田先生を偲ぶ食事会に参加してきました。


とっても素敵な歴史ある立派な建物でした。先生はこの家で生まれ育ったのです。


《リストランテ ユギーノ・ユーゴ》
地元岡崎市出身でミラノの星付きのレストランにいらした鈴木勇吾さんがシェフ。
素晴らしい料理でした!


冨田先生に可愛がられた尺八の藤原道山さんとの再会(1月に関西フィルと共演して以来)も嬉しかった!


冨田先生のお嬢様の妹尾理恵さんの計らいで素晴らしい日本酒を堪能!


家の敷地内の竹林。冨田先生が戦争中、ここから見た空飛ぶ米爆撃機B29にゾッとした想い出をよく話されてました。

とっても素敵な食事会でした。ご家族関係者の皆様に感謝!

素晴らしいレストランで、カウンター席や個室もあるのでお時間ある方は是非!




日曜日は40年来の親友たちと飲み会。神様が与えてくれた最高の連中。高校生の頃からボトルキープして煙草スパスパ吸ってた渋谷の行き付けのお店の40周年でした。飲むとタイムスリップして恥ずかしいくらいあの頃のようにに皆アホになる。大切な時間です(^^; 楽しかった!

《上野ANDRA》
以前は渋谷にあったAndra は現在は上野にあります。小さなビストロですが凄く美味しい。僕のアニキ分の塩田市治さんと息子の龍太郎がやってます。



さてさて3月14日は関西フィルと大阪中央公会堂!重要文化財のこの美しいホールはヨーロッパにタイムスリップした感覚!
ここで演奏会を出来るのは奇跡!日本の誇りです!

そしてソリストの外村理紗(ほかむらりさ)さんはまだ高校生!素晴らしい国際コンクール受賞歴で神尾真由子さんの秘蔵っ子です!

神尾真由子さんが外村理紗さんにこのコンサートのベートーヴェンのレッスンをしている風景面白いです!

神尾真由子のレッスン(外村理紗)+ピアソラの春
https://youtu.be/HKP9xBE-XMc




冨田勲先生には、生前エンター・ザ・ミュージックに3回出演して頂きました。
冨田勲特集

https://youtu.be/UztIufL2cC8

The 4 Players Tokyo 第1弾!はこちらです

https://youtu.be/3mqzwr3enqA


※コロナウィルスの影響で、東京シティフィルとの3月6日の都民芸術フェスティバル公演は中止となりました。
中部大学創立80周年公演は無観客で後日動画配信、関西フィルとの3月8日吹田公演中止、16日関西みらい銀行公演は延期となっております。申し訳ありません!とても残念ですが、国民一丸となって踏ん張る正念場。頑張りましょう!


それでは皆様、どうかコロナウィルスには気をつけて、この大変な時期を乗り越えましょう!


  藤岡 幸夫



2020/2/20



2月22日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックは再放送の要望の高い人気回のアンコール放送でベートーヴェンの田園交響曲!お馴染み新井鴎子さんと只今産休中の相棒の繁田美貴アナとの楽しいトークもお届けいたします!


トランペットとティンパニは古楽器を使用した関西フィルらしい生き生きとした演奏をお楽しみください!




3月1日の中部大学80周年記念コンサートで共演する吹奏楽の皆さんと初リハーサル。


中部大学シンフォニックバンド+中部大学第一高校+中部大学春日丘高校吹奏楽部の合同150人の演奏。




曲目はムソルグスキー/ラヴェルの「展覧会の絵」の吹奏楽版。皆どこまで進化できるか楽しみ!


中部大学の帰りに名古屋駅でピアニストの藤田真央くんにバッタリ遭遇。


一昨年の関西フィルの城陽定期で共演した時の写真。この時真央くんびっくりするくらい素晴らしく、すぐ題名のない音楽会でも共演。その後チャイコフスキーコンクールで2位になり超人気ピアニストに。
また共演できる機会を楽しみにしてます!


それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2020/2/14



2月15日(土曜)のエンター・ザ・ミュージックのゲストは世界的マリンバ奏者の大森香奈さん!


相棒の角谷暁子アナと香奈さんとの楽しいトークと関西フィルとのセジョルネのマリンバ協奏曲をお届けいたします!



2月11日は関西フィルとのバレンタインコンサート!(昨年に続きテクニクスとグリコが協賛して下さいました)満席のお客様で盛り上がった~!


関西フィル首席トランペット奏者の白水大介さんとのフンメルの協奏曲!

今回の為に特注した楽器の音色も明るく柔らかく凄く素敵で、白水さんはフンメルのオペラ的な魅力も引き出してとっても楽しかった。


若手作曲家(向かって右)林そよかさんが世界的ジャズピアノ奏者の小川理子さん(左)に書いたピアノ協奏曲初演大成功!!

林そよかさんの才能全開の素晴らしいジャズ風の協奏曲でノリノリ!
この3つの楽章の凄く難しい新作協奏曲を小川理子さんは暗譜で完璧なパフォーマンス。ジャジーにして力強い見事な演奏!

理子さんは以前も紹介したが、パナソニックの幹部社員で、僕との共演時もいつも会社休まず、仕事を終えてリハーサルにくる。
凄いです!

林そよかさんの作品もまた初演します!

関西フィルは全曲にわたり生命力溢れノリノリ!

後半のジャズナンバーや「君の瞳に恋してる」も最高で、お客様も盛り上がり楽しかった。

出演者、関係者の皆さんに心から感謝!ありがとうございました!

帰りには協賛のグリコからお客様にチョコのプレゼントもありました。

来年のバレンタインコンサートもお楽しみに!


東京で活躍中の林そよかさんのお姉さんのチェリスト林はるかさんも今回は関西フィルの中で弾いてくださいました。

演奏会の模様はエンターザミュージックで数回に分けて放送します。どうぞお楽しみに!




世界で大活躍の指揮者山田和樹さんが音楽
監督をつとめる東京混声合唱団の定期演奏会に行ってきました。満席のお客様大盛り上がりの素晴らしい演奏会でした。


委嘱作品の信長貴富さんの「鉄道組曲」。山田和樹さんが余りに素晴らしいのでと、後半のメインに変更。現代音楽と対極にあるこの作品は満席の客席を大いに沸かせた。
前述の林そよかさんのピアノ協奏曲もだったが、多くの人に愛される新作の誕生は感動的だ。

今クラシック界は聴衆を選ばない、多くの人々に愛される新しい音楽を必要としてるのです!


僕がリスペクトする山田和樹さんは実は同門(小林研一郎先生/松尾葉子先生)の超優秀な弟弟子なんです。和樹さんご指名で来年の3月の東京混声合唱団の定期を指揮するのを楽しみにしてます。




来年3月の東京シティフィルの定期(サントリーホール)で菅野祐悟さんがサックス須川信也さんのために作曲する新作協奏曲を初演します。東京で2人の初顔合わせ。
こちらも聴衆を選ばない素晴らしい音楽が生まれそうで今からワクワク。







世界的ファッションデザイナーのコシノヒロコさんとの新聞の対談取材がありました。凄く興味深く楽しかった。
詳細はまたお知らせします。



さてさて、来月3月6日は今年最初の首席客演指揮者をしている東京シティフィルとの共演でメインはショスタコーヴィッチの交響曲5番!8日は関西フィルと地震で2年間休止した吹田第九が復活!14日は美しい大阪中央公会堂(ヨーロッパにタイムスリップした感覚!)で話題の高校生ヴァイオリニスト外村理紗(ほかむらりさ)さん見参!!オール・ベートーヴェンプログラム!この美しい公会堂で演奏会をできるのは奇跡です!日本の誇り!!
コンサートの詳細は全てチラシコーナーで!


それでは皆さん、コンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2020/2/6


2月8日(土)のエンター・ザ・ミュージックは相棒の角谷暁子アナと楽しいトークでレスピーギの「ローマの松」をお届けいたします!


豪華絢爛にしてロマンチック!最後は大迫力の華麗なる傑作を関西フィルの演奏でお楽しみください!




首席客演指揮者をつとめる東京シティフィルのティアラ定期を聴きに行ってきました。楽しかった~!
指揮は常任指揮者の高関健さん。
写真は幻想交響曲のセッティング。
2楽章は抜群の音響効果。
1楽章後に2人の奏者が登場。2楽章後に楽器はステージ脇に移動して2人は退場。


高関健さんはスコアの可能性を徹底的に追及した超個性的なアプローチでシティフィルは見事に応えた躍動感溢れた演奏!凄く勉強になりました。


デビューしたての頃、日本フィルの夏の親子コンサートで毎年7年間高関健さんと僕とで8公演くらいづつ振り分けてた。全く同じプログラムを振る高関アニキから多くを学んだ…
今回はアニキと共にそこまでやっちゃうんだすげぇ!と楽しませてくれたシティフィル!最高でした!

前半のチェロの岡本侑也さんのショスタコーヴィッチのチェロ協奏曲1番も品格高く素晴らしかった!

シティフィルとの3月の都民芸術フェスティバル、6月の定期が楽しみ。




中学からの同級生の日本舞踊家の藤間蘭黄(らんこう)さんとコラボの打ち合わせ。
藤間くんは近年「信長」などを自らプロデュース、国内だけでなく海外でも大成功を収めていて、今年7月21日に東京文化会館で僕とシティフィルがピットに入り、オールチャイコフスキーでコラボ。日本舞踊だけでなく、バレエ他も加わる。
詳しくはまたご案内します。
今からとっても楽しみ!


打ち合わせ後は、浅草橋の老舗蕎麦屋「あさだ」で飲み会。蕎麦はもちろん、全てが絶品でした!
ご主人の粕谷育功さん(彼は大学の後輩でラグビー部だった!エンターザミュージックも知っていて嬉しかった)と藤間夫人のみつ子さん。


創業165年の名店。最高に美味しかったので興味ある方は是非!



東京でエンター・ザ・ミュージックのトーク収録が続きました。


世界的マリンバ奏者の大森香奈さん!
関西フィルとのセジョルネのマリンバ協奏曲をお届けいたします。


お馴染み新井鴎子さん(横浜みなとみらいホールの館長に就任されました!)をゲストにシューマンの交響曲3番「ライン」をお届けいたします!


番組プロデュースのカルテットThe 4 Players Tokyo のリーダー戸澤哲夫(東京シティフィルコンサートマスター)さん。
昨年の初ライブやリハーサル風景を楽しいトークとお届け!


雅楽演奏家の東儀秀樹さん!
関西フィルとの素晴らしい共演に面白すぎるトークをお届けいたします!


息子さんに作った自作のギター!とても手作りに見えない…


こちらも息子さんに作ったそうで、接着剤使ってないから分解できる。凄いです!


さてさて

2月11日(祝)は関西フィルとバレンタインコンサート!



「ムーライトセレナーデ」や「テイクフィァイブ」他ジャズ名曲!+ 話題の若手作曲家の林そよかが世界的ジャズピアニスト小川理子に書いたピアノ協奏曲初演!+ 関西フィル首席トランペットの白水大介さんが新たに特殊に楽器を注文してフンメルの協奏曲をオリジナルの調性とスタイルで挑戦!+ 最後はなんと「君の瞳に恋してる」オケ版初演!

お時間ある方は是非!
昨年完売した人気コンサート!
まだチケットあります!

関西フィル 
06 6577 1381

それでは皆さん、コンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫



←つづき(過去) つづき(最新ページ)→