藤岡幸夫公認ファンサイトトップへ



2018年3月分

過去の一覧へ

←つづき(過去) つづき(最新ページ)→

2018/3/30


4月からBSジャパン エンター・ザ・ミュージックは毎週土曜日 夜23時半~にかわります。次回は4月7日になります。
どうぞよろしくお願いいたします!


相棒のテレビ東京 繁田美貴(はんだみき)アナウンサーと。


3月15日は関西フィルと年間を通したお付き合いをしている滋賀県長浜市で毎年恒例で室内楽コンサートの司会。
演奏会後の地元の熱心な関係者の皆様との打ち上げが毎回豪華で嬉しいです。

因みに昨年から僕は長浜市の文化観光大使をやらせて頂いております。




手前左は関西フィル滋賀シリーズで20年間お世話になっている滋賀銀行しがぎん経済文化センターの中川浩社長。
右はずっと関西フィルを応援して下さっている長浜市の藤井勇治市長。僕の右隣はコンサートで素敵なソロヴァイオリンを弾いてくれた彦根出身オランダに留学中の高岸卓人さん。
皆さんありがとうございました!



東京に戻って、昨年青少年のためのチャイコフスキー国際コンクールで優勝した中学生チェリストの北村陽くんと焼き肉。小4の頃から共演を続けてるけど声変わりもして大人っぽくなりました(^-^)


3月28日は山形交響楽団と天童市で日新製薬主催のコンサート。
元関西フィル事務局長で現在山響の西濱秀樹専務理事との再会が嬉しかった!



20年前ヨーロッパ中心で活動していた僕を関西フィルの指揮者にして、2人で大きな夢を見ながら演奏会や営業で駈け回ったのが凄く懐かしい。

西濱くんは関西フィルの絶体絶命の危機を2回見事に救い楽団の借金を無くし体制を改革して関西フィルを黒字オケの軌道に乗せた豪腕事務局長だった。しかも彼は当時まだ20歳代。また名司会者で彼の司会のコンサートも大人気だった。

2011年に苦渋の決断でヘッドハンティングされ別の世界へ行ったが、再び山形交響楽団の専務理事として音楽界に復帰。現在は同オケの公演回数とスポンサーを飛躍的に増やし集客率も上げて凄い躍進をしている。

今回7年ぶりにステージでの再会。彼の司会との久しぶりのコンビも楽しかったし、山形交響楽団も生命力溢れた素晴らしい演奏だった。ベートーヴェンの運命では凄いサウンドでした。
リハーサルから本番までとっても楽しかった!

というわけでとっても想い出深い演奏会になりました。西濱くん、皆さんありがとうございました!

皆さんとのまたの再会を心より楽しみにしてます!







帰りに大正ロマン溢れる銀山温泉で一息。来月結婚して29年になるかみさんもご機嫌でした(^-^)


それでは皆さんコンサートと毎週土曜日の夜23時半~になったエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2018/3/25




3月26日(月)のエンター・ザ・ミュージックはプッチーニアリア集!
これまで番組に登場して頂いた素晴らしい歌手の方々のプッチーニのアリア集!
最後にプッチーニの良き友でライヴァルでもあったマスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲もお届けします。


3月21日はびわ湖ホールで関西フィルの毎年恒例の親子コンサート。沢山のお客様ありがとうございました!

びわ湖ホールは音響もロケーションも素晴らしく、雰囲気も最高で毎回とっても楽しい。

熱心なホールスタッフの皆様にも深謝です!


バリトンの迎 肇聡(むかい ただとし)さんとっても素敵な歌唱でした。歌っていただいたのは関西フィルのアレンジャー川上肇さん編曲のシューベルトの魔王。ありがとうございました!



東京でちょっと一息…館山に行って来ました。曇り空がロマンチック…


オヤジとかみさんとでお墓参り。満開の桜に癒されました。巣鴨と駒込の間にある染井霊園はソメイヨシノの発祥の地で素晴らしい桜です。


さてさて、28日は山形交響楽団と非公開のコンサートで、31日はオーケストラの日で上野文化会館でローマの松他をやります(詳細はこちらです)

それでは皆さんコンサートと、エンター・ザ・ミュージック(4月からは毎週土曜日23時半~)でお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


※3/21びわ湖ホール公演event reportはこちら
2018/3/18

3月19日(月曜)のエンター・ザ・ミュージックはお馴染み新井鴎子さんをゲストに僕の大好きなチャイコフスキー交響曲6番「悲愴」をお届けいたします。

僕が英国でBBCフィルの定期演奏会でプロデビューした時の交響曲でもあり、関西フィルの定期での関西フィルとの初共演の時もこの「悲愴」でした。
どうぞお楽しみに!






3月17日は関西フィルと毎年恒例で歴史ある大阪市中央公会堂でのシリーズ。
奈良県出身で高校生で日本音楽コンクールで優勝してその後も国際コンクールで素晴らしい成績を上げている吉田南さん素晴らしかった!

まだ19歳でブラームスは初めてという南さん、リハーサル2日間からゲネプロ、本番とどんどん進化して個性豊かで力強いそして色気のある演奏だった。

普段の南さんはとっても可愛らしい素敵な若い娘さんなんだけど、ヴァイオリンを弾きだすと豹変して、貫禄充分で表情はとっても大人っぽく美しくなる。素敵でした。


本番直前に舞台裏で「ステージに出る直前に背中を思い切り叩いてください」と言われてびっくり。首席トランペットの白水さんが練習台になってくれて、彼の背中を叩いて「これくらいの強さ?」と聞くと「もっと強く」と言われ、結局何度も白水くんの背中を叩くことに…おかげで調度よい強さで叩けたみたいで良かった。ご機嫌の終演後の南さんと。


南さん、関西フィルのコンサートマスターの岩谷祐之さんのお母様でヴァイオリンの先生で有名な岩谷悠子先生のお弟子さんで、祐之さんも南さんが小学生の頃から良く知ってる仲。
リハーサル2日目には悠子先生も聴きにこられていました。
既に大物だけどこれからさらにどう進化していくか本当に楽しみです。
ありがとうございました!

序曲とメインはメンデルスゾーンでフィンガルの洞窟と交響曲3番「スコットランド」。

メンデルスゾーンはスコアを読んでる時は本当に幸せでウキウキしてしまう。
美しい旋律にはっとさせられるハーモニーに躍動感溢れたリズム、色彩豊かな天才的オーケストレーション…!

ただ、いざやってみるとアンサンブルで緻密さを求められるし、音色の作り方も難しい。今回は僕自身個人的に色々反省点はあったけど、関西フィルは生命力があって音楽が温かく我々らしさを出せた手応え。

皆さんありがとうございました。

演奏会の模様は何回かに分けてエンター・ザ・ミュージックで放送いたします。

終演後はエンター・ザ・ミュージックでもお馴染みの昨年若い音楽家のためのチャイコフスキーコンクールで優勝した中学生チェリスト北村陽くんの非公開サロンコンサートを聴きに行ってきた。

名器カッシーニと共に凄い進化をしていてショスタコーヴィッチのソナタを楽しんだ。身体も大きくなり声変わりもして、ちょうど2年前の関西フィルのこの大阪市中央公会堂シリーズでハイドンを弾いた時の半ズボンで小学生の陽くんとは別人。嬉しいやらちょっと淋しいやら(笑)

陽くんとは5月に中部フィルの定期で共演します。
写真とり忘れて残念!


さてさて次回のコンサートは3月21日の関西フィルとの恒例でびわ湖ホールで親子コンサート!とっても楽しい企画なので大人だけでも是非!


それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫

2018/3/12

3月12日(月曜)のエンター・ザ・ミュージックは邦人作曲家特集。これまでゲストに来て頂いた吉松隆さん菅野祐悟さん冨田勲さんの名曲をお届けいたします(その内2曲は未放送で今回初めて)。どうぞお楽しみに!





☆エンター・ザミュージックは4月より放送時間が毎週土曜日の夜23時半~にかわります。どうぞお間違いなく!


3月7日はいずみホールで関西フィルと毎年恒例7年目になる近畿大阪銀行主催のチャリティーコンサート。今年も沢山のお客様ありがとうございました!

前半で共演した(フォーレのラシーヌ讃歌)大阪府立清水谷高校の合唱部素晴らしかった!!ノンヴィブラートの美しい歌声に心が洗われました。

後半はこれまで関西フィルと何度も取り上げてきたチャイコフスキーの交響曲4番。こちらは我々らしさを出せた手応え。

毎年とっても素敵な雰囲気で、続けてくださっている近畿大阪銀行及び関係者の皆様に本当に感謝いたしております。ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


託磨眞樹子先生率いる清水谷高校合唱部は非常に高いクォリティで素晴らしいコンクール受賞歴。また是非とも共演したいと思ってます。


さてさてETM収録も2本ありました。
お馴染み世田谷区の松本記念音楽迎賓館で相棒のテレビ東京の繁田美貴アナウンサーと。


有村昆さんとの人気シリーズ、映画音楽特集第14弾!大好きなひまわりの話も再び!


デビュー15周年を迎えたヴァイオリニストの奥村愛さんとっても素敵でした。トークも楽しかった!

皆さんありがとうございました。放送をどうぞお楽しみに!



先日共演した京都大学交響楽団の皆と飲み会。本番後に僕が飲み会に参加できなかったので改めて。とっても楽しかった!みんなありがとう!



それでは皆さんコンサートとエンターザミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫


2018/3/11

次回3/12(月)の「エンター・ザ・ミュージック」
BSジャパン(7ch)毎週月曜23時~23時半

邦人作曲家特集:吉松隆・菅野祐悟・冨田勲


2018/3/10

<管理人より>
日経電子版ビジュアル音楽堂の記事をご覧ください。

2018/3/4


3月5日(月曜)のエンター・ザ・ミュージックは人気シリーズ吹奏楽第18弾!サックス須川展也と吹奏楽部訪問で大阪府の超優秀な進学校で知られる府立北野高校に行ってまいりました。楽しかった~!
番組最後に須川&関西フィルでグラナダもお届けします。どうぞお楽しみに!


練習場が寒くて大変だったけどみんな明るくて元気で楽しかった!


須川さんのグラナダも必聴です!


顧問の仁科太佑先生。いつも白衣だそうです。さすが北野っぽい?


同じく吹奏楽部のお世話をしている浜辺章先生。どっかで見たことあると思ったら、つい先日まで浜辺さんは学生で関西フィルのステージのアルバイトにしょっちゅう来てました。びっくりしたし嬉しかったです!


さてさて今週はエンター・ザ・ミュージックのトーク収録がありました。
お馴染み世田谷区の松本記念音楽迎賓館で相棒のテレビ東京繁田美貴(はんだみき)アナウンサーと。


お馴染みの作曲家の伊藤康英先生をゲストに「シャコンヌ」って何?という回。


お馴染み新井鴎子さんをゲストに僕の愛するシベリウス交響曲5番!


プッチーニのアリア特集!これまで番組に出演して頂いたバリトン小森輝彦さん、ソプラノ並川寿美さん、ソプラニスタ岡本知高さんの素晴らしい歌唱をお届け!


来週は関西フィルと毎年恒例でいずみホールで近畿大阪銀行主催のコンサート。前半で素晴らしいコンクール受賞歴の大阪府立清水谷高校合唱部(心が洗われる美しい歌声!)との共演に後半はチャイコフスキーの交響曲4番です!

それでは皆さんコンサートとエンター・ザ・ミュージックでお会いしましょう!


  藤岡 幸夫



←つづき(過去) つづき(最新ページ)→

過去一覧へ